最近のトラックバック

« ウルトラ警備隊の表札 | トップページ | 【ウルトラマンエース】31 セブンからエースの手に »

【ウルトラマンエース】30 きみにも見えるウルトラの星

-黒雲超獣レッドジャック-
引っ越し先でも、「黒雲の中に超獣がいる、おれはウルトラ六番目の弟」と電波少年な発言をするダン。新しい友達からも、「超獣バカ、ウルトラバカ」と言われる始末。ウルトラバカってバカのジャンルなの?程度なの? 黒雲を警戒するTACは周辺住民を避難させ交通封鎖するが、北斗が急病人の救急車を通してしまう。

自転車で救急車を追う少女の目の前で、突然現れた超獣に救急車が踏みつぶされる。判断ミスを悔む北斗は、自転車の少女・よう子に「母と姉が死んだのはTACのせいだ、母と姉をかえせ」と言われさらに落ち込む。北斗とダンは同じマンションのお隣住まいで、超獣出現現場の近所なんだそうだ。

二度目の超獣出現。死んだ母の誕生日プレゼントだからと自転車を取りにもどろうとするよう子とダン。責任を感じた北斗はダンと一緒に自転車を取りに行く。子供目線なところはいいのだが…北斗…むちゃしやがって…。北斗は周辺住民を避難させる任務のはずが、持ち場を離れた隙に、遊び半分に封鎖を突破したバイクが超獣に襲われる。

TACの攻撃で超獣は黒雲の中に消えるが、二度の判断ミスで停職を言い渡される北斗。自宅に帰ってきたものの、訪ねてきた香代子に私服よりTACの制服のほうが似合うと言われてさらに落ち込む。北斗が処分されても「自分も北斗と同じ立場なら同じことをした」と言えるのがTACのいいところではあるのだが。

一方で、超獣の近くまで行ったと友達に自慢するダン。よう子にカッコよかったと言われて、今度は超獣の爪を取ってくる、とまで言ってしまう。よう子と見つめあうダン…気持はわかる。よーくわかるが、ヤバイヨー。次に超獣が出現した時、友達に超獣の爪を取ってきてくれとせがまれ、引き下がれず自転車で特攻…ダン…むちゃしやがって…。ダンを止めようとして山中が負傷、駆けつけた北斗が山中とダンを助ける。「今のおまえにウルトラの星が見えるか!」と北斗がダンを張り飛ばす。

エースが超獣を倒し、北斗は命を助けられたと山中に感謝され、TACに戻ってこいと迎えられる。まだ超獣の爪がほしいかと尋ねられて、ダンは「爪なんていらない、もっと大切なものを持ってるもの」と答える。よう子ちゃんとも和解したようでよかったね。

« ウルトラ警備隊の表札 | トップページ | 【ウルトラマンエース】31 セブンからエースの手に »

ウルトラマンエース」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25129/51243605

この記事へのトラックバック一覧です: 【ウルトラマンエース】30 きみにも見えるウルトラの星:

» 「ウルトラマンA」第30話「きみにも見えるウルトラの星」 [あしたはきっとやってくるさ!]
黒雲超獣 レッドジャック 登場 [続きを読む]

« ウルトラ警備隊の表札 | トップページ | 【ウルトラマンエース】31 セブンからエースの手に »

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

お世話になってるリンク。ジャンル混載・順不同

無料ブログはココログ

目次