最近のトラックバック

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月の記事

【ウルトラマンネクサス】Episode 21 受難~サクリファイス

-ゴルゴレム-
メタフィールドが消え始める。ナイトレーダーの攻撃も効果がない。ウルトラマンがゴルゴレムを倒して力尽きる。根来が報道規制に従わない新聞社に写真を持ち込み記事にするが、同じ日に各社がUMAの記事をトップ記事にしたため信憑性がなくなる。根来はMPに追われ、佐久間に連絡を取る。そこへ怪しい男が3人現れ、根来にかくまってやると持ちかける。姫矢はCICに連れ去られる。姫矢の力の秘密を探ろうと記憶をスキャンする松沢。メタフィールドとウルトラマンは同じ物質らしい。吉良沢と姫矢の会話。探しているものを見つけるまでは死ねないと姫矢。松沢はウルトラマンの固有振動波を突き止めるため、姫矢にビースト振動波を照射、姫矢の心拍が停止する。

【ウルトラマンネクサス】Episode 20 追撃~クロムチェスターδ

-ゴルゴレム-
ゴルゴレムのそばに人がいるため攻撃できないナイトレーダー。潤平、七夏も襲われるが、意識を取り戻した姫矢が駆けつけウルトラマンが防ぐ。姫矢を追ってきた根来が潤平、七夏と会い、保呂草が残したカメラの記録媒体を抜き取って逃げる。追って取り返そうとする潤平を姫矢が「根来さんならあの写真を公開してくれる」と止める。姫矢は保呂草が「姫矢の写真を見て写真をとる目的がわかった」と言っていたことを潤平から聞く。七夏は姫矢に助けられたと気づいた様子だが、MPに記憶を消去される。なぜミッションエリアに人がのこっていたかと松沢を問い詰める和倉。態勢を立て直し出撃するナイトレーダー。ゴルゴレムのバリアと再生能力の強化で攻撃の効果が半減し、倒せない。現れたウルトラマンは負傷のダメージで戦えずに倒れる。

【ウルトラマンネクサス】Episode 19 要撃戦~クロスフェーズ・トラップ

-ゴルゴレム-
西条は姫矢もビーストの仲間で溝呂木と同じだと言い、和倉は姫矢に一緒に戦おうと言う。別のビーストが現れた知らせを聞いて姫矢は姿を消す。現場へ向かうナイトレーダー。ウルトラマンが現れるがEpisode 17での負傷のため劣勢になる。ナイトレーダーの攻撃はゴルゴレムを透過し、ゴルゴレムはメタフィールドを破って消える。ゴルゴレムが位相間移動しているとわかり、吉良沢が、人口密集地に避難勧告を出さずに住民を餌にしてトラップにおびき寄せ、位相間移動制御器官を破壊する作戦を立てる。トラップが有効なのは180秒、失敗すれば10万人を危険にさらすことになる。一方、現場近くで撮影をしていた保呂草、潤平、モデルの七夏が倒れていた姫矢を助けて宿に連れ帰るが、その温泉町はゴルゴレム迎撃作戦の近くだった。ゴルゴレム迎撃の光を見た保呂草は姫矢がその写真を撮影に来たと思い、意識のない姫矢の代わりに作戦現場へ写真を撮りに行く。追いかけてきた潤平、七夏の前で保呂草はゴルゴレムに捕食される。

【ウルトラマンネクサス】Episode 18 黙示録~アポカリプス

-ガルベロス アラクネア フログロス ダークメフィスト-
西条が姿を消す。逃亡罪に問われる状況だと言う松沢に対し、自分が探しに行くと和倉が言う。松沢の指示で孤門も同行する。溝呂木と西条にはビーストハンターとしての資質があったが、そのことに自分は不安を感じていたと和倉が話す。(「当時」のナイトレーダーは和倉、溝呂木、西条の4人)西条は事件のあった倉庫で溝呂木と会う。溝呂木は西条に「俺たちは特別な存在、おまえを理解できるのは俺だけ、こっちに来い」。「あの夜何を見たのか」と問われ「真実を見た、本当の自分と出会った」と言う。1年前の倉庫内の事件で、溝呂木と西条は人を操るビーストと戦うため、2人ともが操られないようにと、溝呂木1人が先へ進んだ。そのとき溝呂木はダークメフィストに出会い、「ビーストとの戦いは強いものが勝つ。もっと強くなれ。私はお前が望むお前自身だ」と言われた。西条を探して和倉と孤門が現れ、溝呂木を攻撃するが効果がない。姫矢が現れ、ダークフィールドとガルベロスを出現させる溝呂木。ビーストは私の敵だから、と溝呂木を攻撃する西条。溝呂木が消えて、ウルトラマンがガルベロスを倒す。姫矢にも銃を向ける西条。
なぜビーストと戦うかという話題に西条は「ビーストが憎いから」溝呂木は「死にたくないから、でも倒しても倒しても不安になる」と「ジャングルの中の気味の悪い遺跡を夢に見る」とも。

【ウルトラマンネクサス】Episode 17 闇~ダークネス

-ガルベロス ダークメフィスト-
ナイトレーダーが出動するが、電波障害でCICへの通信とサーチが不可能な状態で、数人の人間に襲われる。ガルベロスが姿を現す。姫矢と溝呂木の会話が、ガルベロスはウルトラマン/姫矢が幻想世界で始めて戦った相手、人間を催眠状態にして幻影を見せると語る。ウルトラマンが出現、メタフィールド内に進入するクロムチェスター。ナイトレーダーとウルトラマンの攻撃でガルベロスが劣勢になると、ダークメフィストが現れ共に消える。MPによると、ナイトレーダーを襲った人間は襲撃前にすでに死亡していたらしい。孤門が溝呂木の仕業と気がつき、すべては一年前に始まっていたと西条が言う。後刻、和倉の孤門への説明によると、1年前の出動時に生存者のいないはずの倉庫内で物音がした際、当時副隊長だった溝呂木が作戦の変更を主張し、西条と2人で突入した。溝呂木はビーストを確実に倒せるのは自分と西条の2人であり、西条には次期リーダーになる素質があると証明したいと主張し、西条も志願したため和倉が許可する。結果倉庫は炎上し、溝呂木は行方不明、西条だけが生還した。その夜にダークメフィストが生まれた。かつ西条の回想によると、溝呂木と西条は次に会うときまでの約束で認識票を交換して別れた。ということであるらしい。

【ウルトラマンネクサス】感想4

見ているときはなんだか妙にしんどかった姫矢編ですが、見終わって落ち着いたら、原因はテクニカルな問題だったと思うに至りました。以下の記事を読んでなるほどと思いました。

メディア迷宮探検隊
ウルトラマンネクサス 最終回感想 ウルトラマンシリーズの汚点か名作か
http://atie.at.webry.info/200506/article_7.html

以下の感想は、しんどかったけどがんばって見たよ、と言ってるだけです。今回は溝呂木と姫矢に関して。

続きを読む "【ウルトラマンネクサス】感想4" »

【ウルトラマンネクサス】Episode 16 迷宮~ラビリンス~

-ノスフェル ダークメフィスト-
ウルトラマンはダークメフィストに勝つが自分も力尽きる。孤門が行方不明になる。孤門を追い詰めたと後悔する和倉。石森を負傷させビーストを取り逃がしたとしてMPに追われる孤門を根来が助ける。吉良沢がノスフェル再生の理由を突き止める。MPに記憶を消されたほうが楽だったという孤門、記憶をなくすことは生きてきた証を失うことだと怒る根来。溝呂木が現れ、孤門にリコに会わせてやるという。事件を追う佐久田を襲うビースト、助ける姫矢。リコの幻影を追っていた孤門が正気を取り戻し、ノスフェル出現現場に駆けつける。孤門にノスフェルの口の中の再生機関を撃つよう和倉が指示する。もう憎しみにとらわれず過去を背負って生きていくと決意し、孤門はウルトラマンと協力してノスフェルを倒す。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

お世話になってるリンク。ジャンル混載・順不同

無料ブログはココログ

目次