最近のトラックバック

« 【ウルトラマンコスモス】12 生命の輝き | トップページ | 【ウルトラマンコスモス】15 深海の死闘 »

【ウルトラマンコスモス】13・14 時の娘(前後編)

-邪悪宇宙生命体ワロガ 古代怪獣ガルバス-
居住型宇宙ステーション「ジェルミナ3」が完成する。ムサシは巨大宇宙人に追われる記憶喪失の女性、レニを助ける。宇宙ステーション建設中の事故で死んだはずのレニが、宇宙生命体ワロガにチップを埋め込まれて生き返ったとわかる。EYESはレニをコールドスリープにすると決定、ムサシが助けて逃げる。チップを解析したEYESのコンピュータが暴走し、怪獣が宇宙生命体に操られて暴れる。宇宙生命体の目的は人間と怪獣の共存を妨害することだった。ワロガを倒すとレニが死んでしまう。ためらうムサシに、レニは「私を人間にもどして」と言う。

叙情的でいい話なんだけど、どこがいけないわけでもないけれど、どこを褒めるか困った感じ。いろいろあったからかもしれない。表面的にだとしても前向きすぎるというか、レニにまつわるシリアスさのわりにおとしどころが弱かったというか。
関係ないけど、ジョセフィン・テイの「時の娘」を読んだ。チャールズ・L・ハーネスは読んだことないので、東京創元社の新刊で『時の娘 ロマンティック時間SF傑作選』2009年10月10日発行なので買おうかなと思ってます。

« 【ウルトラマンコスモス】12 生命の輝き | トップページ | 【ウルトラマンコスモス】15 深海の死闘 »

ウルトラマンコスモス」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25129/46666757

この記事へのトラックバック一覧です: 【ウルトラマンコスモス】13・14 時の娘(前後編):

« 【ウルトラマンコスモス】12 生命の輝き | トップページ | 【ウルトラマンコスモス】15 深海の死闘 »

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

お世話になってるリンク。ジャンル混載・順不同

無料ブログはココログ

目次