最近のトラックバック

« ウエブサイトにイラスト追加しますた。 | トップページ | 【ウルトラマンガイア】50 地球の叫び »

【ウルトラマンガイア】49 天使降臨

-破滅魔虫カイザードビシ 根源破滅天使ゾグ-
ドビシの群れが異常発生し地上を襲う。通信が途絶する中、TVだけが正常に映り、絶望的な報道ばかりが流れる。梶尾と稲城がドビシの発生するワームホールを攻撃するがドビシの攻撃で機が破損する。藤宮はウルトラマンを戦力として使えと言い、石室は人間を兵器扱いできないと断る。我夢と藤宮はジオベースの指令室を抜け出す。真実を報道しようと外出禁止令を破って街に出た田端と倫文が、我夢と藤宮に出会う。人々を勇気付けられると考え、ウルトラマンとドビシの戦いを撮影する。ドビシの数が多く倒しても倒しても戦いは終わらない。そこへ空から光り輝く巨大な天使が降りてくる。

最後の2話でかなり泣きっぱなしな分?今回はちくちくと笑ってしまった(すみません笑)。イナゴの群れが空を覆い幽鬼が町をうろつくというどこかで見たような見てないような終末の光景といい。虫にたかられて痛そうなガイアとアグルといい。なんかこんなときに少年うろうろしてるなあとか思うし。なんというか、ウルトラマンガイアという物語の語りの構造に一度感心してしまったので、普通なら考えずに突っ込みいれて喜んでるところを、この場面はなんか変だけど次のこの展開のためにあるんだろうなとか考えちゃってね(本当にそうかどうかどうかはとにかく)。
我夢と藤宮が並んで変身する場面には涙するんだけど、「誇りに思う」ってのは、響く言葉なだけにどことなく危険な気もして、やっぱりガイアは男の子のヒロイック・ファンタジーかなあと思った。
敦子が追いかけてきたらフレームから出ていったり、我夢より先に我夢の両親に気が付いたりする藤宮がいい。我夢と藤宮が一緒に行動してると、我夢には知り合いがつぎつぎ訪れるけど、藤宮はずっと一人で、結構気くばりしてたりする。敦子は今回でヒロインになったようだ。「私にはがんばってって言うしかできない」と「あなたたちに地球の光をもどしてあげる」とどっちがヒロインかっていうと私は後者だと思うが・・・まあ選ぶのは我夢なので。XIGってのは戦う組織であり合目的的集団なんだけど、さいごに我夢にとってはそれだけじゃない集団になるのではないかと。最終回で石室が(我夢の「どうしてぼくを信頼したのか」という問いに対して)「理由がいるか?」と返すのもコマンダーとしての石室には理由が必要だけど、それ以外の関係でもあるって意味だと思う。とまあそんな話を。

« ウエブサイトにイラスト追加しますた。 | トップページ | 【ウルトラマンガイア】50 地球の叫び »

ウルトラマンガイア」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25129/46092121

この記事へのトラックバック一覧です: 【ウルトラマンガイア】49 天使降臨:

« ウエブサイトにイラスト追加しますた。 | トップページ | 【ウルトラマンガイア】50 地球の叫び »

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

お世話になってるリンク。ジャンル混載・順不同

無料ブログはココログ

目次