最近のトラックバック

« UltrasevenX 2.5 | トップページ | 「怪獣と美術」展 »

UltrasevenX エピソード3

UltrasevenX エピソード3 ちょっと、まとまりませんが、まとめてる余裕がないので行っちゃいますー。

ジンをしつこく仕事に誘う宇宙人。頭よさそうな人のほうが脳内エネルギー量多いんでしょうか?見てる方は、DEUSのエージェントだから頭良いんだろうと勝手に思ってますが、公園で会って声かけただけなのに、体格イイし体力ありそうだから肉体労働向きとは思わなかったようですね。だいたい人間の脳みそなんてそんなスゴイもんじゃないでしょう。すごいもんじゃないのによくまああれこれ考えるから逆にすごいんだって気がしますが。。。

政府の斡旋する仕事がとてもつづかないようなキツイ仕事だって現実を知ってるなら、「働くヨロコビ」とか「健康な生活」のすすめも話半分に聞いておこうとはこの世界の人は考えないんでしょうか。もっともケイは仕事柄、一般人よりウラ事情を知ってる立場なのかもしれませんが。

そのケイは今回もいいきってます。「宇宙人は侵略者」。あるいみケイだって自分の仕事がらそう考える癖がついていて、職業意識が信念なのかも知れなくて。「自分の仕事」って考え方を左右するんですよね。「この世界」も景気が良さそうではありませんし、余裕がないと特にね。

宇宙人の侵略よりお金が大事な人間に対して、ジンが「えーなんでだよー」となってるのに、ケイは「こうゆう輩は脅さないと言うこと聞かない」と見切るのが面白かったです。ジンは「この世界」の事情がわかってない、ケイはウラの事情も含めて知ってるけど、どの程度の多様さの情報から判断してるのかはわからない。そのうちジンがどういう視点から「この世界」を見るようになるのか、楽しみです。

分かり切ったことを毎回言ってるような気がするエレアですが、分かり切ってることを認められなくて迷うのも人間。彼の守ろうとする「世界」という言葉は雑多な意味を含んでいて、「人間」にはいろいろな人間がいて。「こんな人間でも守りたいのか」と言うよりは、守るべきは人間の多様性であるような気がします。これもどこかの世界の広報ホログラムの受け売りかもしれませんけどね。

銃をつきつけられても平気な宇宙人が自分には政府高官の後ろ盾があるとか言い出すのかと思ったのですが(苦笑)。はじめクライアントの信用がどうのと言ってた割に、「注文主は人間だ」と言い残す。ということは、一方で侵略兵器の製造を発注し、一方でDEUSに摘発させる、「人間」のマッチポンプに利用されたと気がついたとか?外敵があることを喧伝するのは国内をまとめる手段でもあるらしいですね。

いずれ「救世主」とは既存の体制と違うやり方で人を救う?者。ジンが結局何を守ろうとするのか、おいおい出てくるんでしょうけれども、仲間とか家族とか身近ではないところでこれをやると、とつぜん大きなテーマになりそうで、まとまるのかなあって気もします。平成ウルトラセブンなんかみてると、昭和ウルトラセブンの、らしさを出そうとして、話が大きくなりすぎてるような気がするんですね。まあうまくやって欲しいものです。

« UltrasevenX 2.5 | トップページ | 「怪獣と美術」展 »

UltrasevenX」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25129/16832496

この記事へのトラックバック一覧です: UltrasevenX エピソード3:

» ULTRASEVEN X【Episode3】「いい仕事あるよ」 [子育ちパパの航生日誌Q2.0]
 前回も書いたけど、関西では関東・中部地方より1日遅れで土曜の深夜(日曜の早朝)放送なので、なんだか「一部地域」みたいな感じで劣等感を覚えてしまいます。 ━ ★ ━  さて、第3回目、空中浮遊ディスプレイが「労働意欲向上プロジェクト」をアナウンスしている。  行政は斡旋する仕事は「みんな嫌がるキツイ仕事」  夜の公園でタマル(小宮孝泰)という男に「割のイイ仕事」をやらないかと声を掛けられるジン(与座重理久)  フ〜ム・・今回は、勤労意欲がテーマか、はたまた雇用状況・失業率がネタ... [続きを読む]

» ULTRASEVEN X 第3話「HOPELESS」の感想 [何て不敵にオタLIFE]
【あらすじ(公式より)】 脳が異常収縮した死体が発見された。発見されたのはホープ [続きを読む]

» 「ULTRASEVEN X」Episode 3「HOPELESS」 [あしたはきっとやってくるさ!]
マーキンド星人 登場 [続きを読む]

» ULTRASEVEN X Episode3 [お萌えば遠くに来たもんだ!]
「HOPELESS」 監督:鈴木健二 脚本:福田卓郎 オフをもてあましていたジンは、することもなく公園のベンチに座っていた。そこへ、「ヒマなら儲かる仕事をしないか?」と見知らぬ男が話しかけてきて・・・。 3話目にしてこちらが大分慣れてきたのか、今回のお話は前2話と違ってスンナリ観られました。等身大のバトルシーンもあって、ちょっとセブンらしくなってきたかな。 【今週の萌えポイント】 ※相変わらず思わせぶりな警告をするエレア。 3話目だとちょっとギャグに思えてくる・・・。 「未来なんて真っ暗」... [続きを読む]

» ULTRASEVEN X 第3話 [よろずな独り言]
 今夜第5話が放送されるというのに,やっと第3話のコメントです。・・・,だって,メビウスの時みたいに「早く次が見たい。」って気にならないんです。(苦笑) [続きを読む]

« UltrasevenX 2.5 | トップページ | 「怪獣と美術」展 »

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

お世話になってるリンク。ジャンル混載・順不同

無料ブログはココログ

目次