最近のトラックバック

« UltrasevenX エピソード1 | トップページ | UltrasevenX 2.5 »

UltrasevenX エピソード2

1話より2話のほうが格段に良かった気がする。細かいことを言いだしゃいろいろあるが、少なくとも狙ったらしい雰囲気がよく出ていた。エンドロールも最後にニヤリであった。太田愛さん。らしい、といえばらしい話だったね。

第1話が説明的になるのは仕方ない。最初に説明しとかなきゃと考える真面目さが良くないのかもしれない。その上つかみのシーンをてんこ盛りにしたので、ツッコミどころ満載になってしまったのであろう。まあちょっと別のところをだが、掴まれたのは確かだ。

前回は浮いてたケイが、ちょっと笑っちゃうけど考え方はまともならしいポジションについててほっとした。しかし、エレアはウルトラセブンXと一緒で、一度は出てくるのがお約束なのだろうか。なんなんだこの人。ジンの記憶喪失もどっちでもよくなっている。まあこれは謎かけのネタを仕込んでいるのであろうからいまは忘れておいたほうがいいかもしれない。引っ張っても12話だからいつぞやのように途中で見るのやんなっちゃったてなことにはなるまい。放置してるなーそういえば。ところで出番があるのかどうか心配したウルトラセブンXだが、不覚にも2話目にして正面顔をカッコイイと思ってしまった。ヤバイ。これで先週の勢いで円盤を追いかけて宇宙までかっ飛んで、アイスラッガーで鏡割りにしてくれたら萌え燃えになったかもしれない。それって雰囲気壊れるし。セブンは円盤にアイスラッガーは投げないし。

世の中が幸福だと言うものを求めて得られないがために、今の自分は「本当の自分」ではないと思う。あるいは自分が自分でいられる世界がほかにあるのではないかと思う。そういう人が正味掛け値なしの「別の世界」へ行きたいと思うものかどうか。と思ったがなるほど「まだ見ぬ故郷へ」と誘うわけか。ここから逃げ出したい気持ちは少しわかるが、行った先で(そこが故郷であったとしても)うまくやっていけると思う気持ちはよくわからない。そういう意味ではなくてだからああいう結末なのかもしれない。40年前と比べたら(10年前と比べても)世の中は変わったのだなあという気がする。変わるの当たり前だけど。

ところで昔、小学1年生の頃教室で、テレビの画面を砂嵐のままで5分以上放置するとテレビが爆発すると言い出した男子がいて、私は本気でびびって笑いものになった。何の話だ。なんにしろ、サンドノイズなんて不気味な映像を写したままにするのは危険だ。きっといろんなものが見えてくる。・・・やっぱり小動物でも飼ったほうがいいかな。蜥蜴なんかいいかな。

« UltrasevenX エピソード1 | トップページ | UltrasevenX 2.5 »

UltrasevenX」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

コメント

 謎解きの展開が良かったです。あの鬱陶しい「空中浮遊大型ディスプレイ」が物語の重要な鍵だったことにも感心しました。健康であることを楽しまなければならないのなら、あの世界にはタバコは無いのかな? あ、無いのかも‥‥。

 「自分のやりたいことがわからない」という状況って、実は私も感じています。だからとても身につまされる想いで見ました。太田愛さんは「遥かなるバオーン」に続いて、ウマいところを突いてきましたネ。

 この番組、かなり好感触です。

 映画『ポルターガイスト』でも、放送が終了したテレビのサンドノイズがモチーフになっていました。あの画面を見つめていると、いろんなモノが見えてきそうな気がします。
‥‥ヤバイな、病院行った方がイイかな?

自由人大佐 さん、こんばんはですー。
文章がうだうだな割には、かなりお話にのってきております私。今後が楽しみです。

今回はありがちですが、「円盤がきた」と「ウクバール」を思い出しましてですね。昔の話なら、どこか遠いところへ行きたいなぞという人がいれば、おせっかいを焼く人もいたものですが、ジンは「行くんならウルトラアイを返して行け」としか言わないし(ちょっとニュアンス違ってますが --;)、あとの人はどうなったかわからないし、な所が今風なのかなあと思いましたです。時代がかわったと言うより、アメリカのSF映画っぽい気もしますが。

自分が何が好きかはわかるけど、なかなかこれだー!コレで行くぞー!とは決められないです。こんなことしてていいのかなーって感じですね。

 TBありがとうございました。

 Xは,最後にワイドショットを撃つためだけに出て来たとしか言えませんね。言い換えれば,今回の話はSEVENが出る必要がなかったように思えます。
 このままこの作品が「X」ではなく,「×(ペケ)」にならないことを祈ります。

 そういえば,あの世界がどんな世界か分かりませんが,世界観からいえばテレビはデジタル放送なのではないでしょうか?だとしたら,サンドノイズ自体発生しないはずでは・・・。

SPT-LZ-00X さん、コメントありがとうございます。
2話3話のようなお話だと、ウルトラセブンX登場が浮くのはしょうがないですね。だからと言って全然ウルトラと関係ない話にしたら地味になるような気もしますし・・・。

>テレビはデジタル放送なのでは
たぶん、そうですね。^^;デジタル放送の放送してない時って何が映るんでしょうか?テレビはこまめに消しましょう、エコロジーな生活。とか広報で言わないんでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25129/16764365

この記事へのトラックバック一覧です: UltrasevenX エピソード2:

» ULTRASEVEN X【Episode2】ユートピアへ? [子育ちパパの航生日誌Q2.0]
「船が出る!」という言葉を残して人々が未確認飛行物体に連れ去られる・・・・。   [続きを読む]

» 「ULTRASEVEN X」Episode 2「CODENAME”R”」 [あしたはきっとやってくるさ!]
「UTOPIA」 [続きを読む]

» CODE NAME ”R” [青い翼の民]
夜の都市を歩く女性。家に帰っても待っているものはデジタルの電子音だけ。自動的についたテレビを砂嵐にする彼女。外を見るとニュースモニターは明日の天気を言ってます。音楽を聴いてリラックスしましょうとかまたなんか地域の無線放送みたいなこと言ってます。彼女はパソコンで音楽を探します。 場面は変わって彼女はタクシーに乗ってます。「急いで、船が出る!」彼女は運転手をせかします。場所に到着すると彼女は財布をそのまま運転手に渡して外に飛び出します。そこにはすでに人がたくさんいます。彼女たちは謎の光に包まれて消えて... [続きを読む]

» ULTRASEVEN X 第2話 [よろずな独り言]
 既に見てはいたのですが,やっとまとめることが出来ました,第2話。今日の第3話放送前にアップできて良かったです。(笑) [続きを読む]

« UltrasevenX エピソード1 | トップページ | UltrasevenX 2.5 »

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

お世話になってるリンク。ジャンル混載・順不同

無料ブログはココログ

目次