最近のトラックバック

« 訃報:阿知波信介氏 | トップページ | 【ウルトラマンエース】8 太陽の命 エースの命 »

【ウルトラマンエース】7 怪獣対超獣対宇宙人

衝突コースで地球に接近する彗星ゴラン。TACはまだ遠いうちにマリアミサイルで破壊する計画だ。しかし、地球を支配したいヤプールと地球を破壊したいメトロン星人がマリアミサイル打ち上げを妨害する。ヤプールは粉々になった地球を支配したいのだろうか。そんな事を言い出したらメトロン星人にもなんの得があるんだかよく解らないが・・・。

写真をみてげんなりしていた割にはメトロン星人ジュニアが結構よかった。あたまがでかくて、妙に腰が細くて、手足がびらびらしていて、妙な口がついていて、得体の知れないえぐさが超獣ドラゴリーの雰囲気ともマッチしてなかなかナイス。元祖とぜんぜん関連性がないのがよかったかも。その一方ムルチは何のために出てきたのかよーわからん扱い。でも、メトロン星人とドラゴリーとムルチと長身の3匹に囲まれて嬲りものにされる小兵のエースは痛々しくて、そこはかとなくエロいとかいうのはやめよう。うん。シリアスな話なんだから。

マリアミサイルの打ち上げを援護するTAC。ミサイル基地には山中隊員の婚約者マヤが勤務していた。打ち上げ直前、基地の階段でマヤに婚約指輪をわたす山中。「こんなところでムードがないけど、お守りになると思って。」山中隊員、なんて笑顔なんだ。

メトロン星人が現れミサイルを破壊、基地は炎上し、職員も全員絶望だという状況の中、制止を振り切り単身基地に駆け込む山中隊員。かっこいいい。かろうじてマヤを助け出すが、そのマヤさんにはメトロン星人が憑依していた。

TAC基地の病院に収容されるマヤ。ミサイルはどうなったのとか、設計図はどこにあるのとか、言うことはアヤシイが態度は怪しくないから山中は見抜けない。マリアミサイルの設計図はメトロン星人にまんまと燃やされてしまう。北斗は逃げるメトロン星人を追いかけてマヤの病室へ。マヤを疑う北斗と怒る山中。

超獣ドラゴリーが基地を襲う。宇宙人と超獣を同時に相手にしては勝ち目はない。エースは決死の技エースバリアを使う。ドラゴリーは空間の裂け目に落ち込み、いったんは撃退したが時間がたてば復活するらしい。そのうえバリアに多大なエネルギーを使ったために南夕子がダメージを受ける。

北斗と南どちらかのエネルギーを使う技とは・・・不便な仕組みですね・・・結局二人いないと変身できないのだから均等に使えばいいのでわ。というよりメトロン星人は巨大化してないんだから、さっさとメタリウム光線か何かでドラゴリーをやっつければよかったのでわ。TACの作戦会議中にテレパシーで二人だけの作戦会議をする北斗と南はカッコイイですが、余計なことを考えすぎただけのような気もします。

設計図はなくなったが、梶の記憶を頼りにミサイルの再建がはじまる。メトロン星人は山中と北斗を仲違いさせて味を占めたのか、山中にわがまま言い過ぎ。さすがに妙だと思い始めた山中は、マヤにマリアミサイル2号を見せて正体を確かめようと二人でミサイル基地へ。警備に当たっていた北斗と南。絶対通しませんとけんか腰の北斗と、計略で正体を暴こうとする南。「マヤさん、通してあげる代わりにその指輪を私に頂戴。」「いいわ、あげるわ」その指輪は山中にもらった大切な婚約指輪だ。

正体露見したメトロン星人が巨大化。追って超獣ドラゴリーが出現。なぜかムルチまで現れ、ハンディキャップマッチにエース苦戦。さて次回は・・・。

山中隊員いい役ですが、いつもコワイ顔してて、あまり得意じゃなかったです。でも今回前後編は笑顔も憂い顔も、意外な面を見たようでよかったです。

« 訃報:阿知波信介氏 | トップページ | 【ウルトラマンエース】8 太陽の命 エースの命 »

ウルトラマンエース」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

コメント

どうもこんばんはです。
第7話のゲストのマヤ役の関かおりさん。
これは有名な話ですが彼女が本来南夕子役を演じるはず
でしたが怪我のため降板を余儀なくされそのあとは
ご存知星光子さんが夕子を演じる事に。
撮影もある程度進んでいたそうですが、たらればを言ってはキリがないですがもし関さんが降板しないでそのまま
夕子を演じていたもやはり中盤で月に帰ったのでしょうか?

自分としては地中から突然現れるメトロンにツッコミどころ満載でした。あと北斗と夕子さんの二人っきりで会話するシーンとかはもうこの二人はパートナーだなぁと改めて思いましたね。

さて3対1と窮地に追い込まれたエース。
幼い頃再放送を観た時はもう次回が気になってしょうがなかったです。
自分も今度円谷作品、レビューしてみますです☆

doudeshiyouさん、こんばんは。

関かおりさんの南夕子ってどんなんだったんでしょうね。いまは星光子さんがはまり役だったと思って見てますが、南って微妙な役だと思いますし。

どちらにしろ、北斗にはもうちょっとしっかりしてほしいような気が・・・ ^^; 。二人きりの会話はよかったけど、その割には、次回の北斗がちと情けないヤローになりさがってるような気がします・・・。本人のせいじゃない気もしますが・・・。

円谷作品レビューおまちしてますです ^^ 。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25129/15084526

この記事へのトラックバック一覧です: 【ウルトラマンエース】7 怪獣対超獣対宇宙人:

» 「ウルトラマンA」第7話「怪獣対超獣対宇宙人」 [あしたはきっとやってくるさ!]
超獣・ドラゴリー メトロン星人Jr. 怪獣・ムルチ 登場 [続きを読む]

« 訃報:阿知波信介氏 | トップページ | 【ウルトラマンエース】8 太陽の命 エースの命 »

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

お世話になってるリンク。ジャンル混載・順不同

無料ブログはココログ

目次