最近のトラックバック

« 【ウルトラマンメビウス】 絶望の暗雲 | トップページ | ウルトラマンのいない週末 »

【ウルトラマンメビウス】 心からの言葉

平成的というのか、子供向けというのか、意外な展開を期待した割には普通に終わったというのか、の最終回でした。下馬評に一喜一憂するのは楽しかったですけれど。

「よくも大切な人を」 とか 「誰ひとり犠牲者は出さない」という科白を聞くに、街の人たちはみなさん地下に避難して無事だったようです。エンペラ星人って強大な力をウルトラマンに対してだけ使っていたようで、無辜の市民を巻き添えにしないあたり結構まともな人なんではないでしょうか。まあ、そもそも地球を襲った理由があれで地球人にうらみはなさそうですから・・・。

メビウスもヒカリも最終3部作で何回消えて、何回復活するんでしょうね。ま、何度まけてもあきらめずに復活するのはいい?ことですけどね。

ウルトラの父が「かけがえのない星」と言ったせいで地球は狙われたわけですね。その代わりに、ウルトラ一族はあくまで地球を守り続けてくれる気のようです。「地球はわれわれ自身の手で守る」という時の「われわれ自身」というのはウルトラ一族と地球人のことだったんでしょうかね。

ウルトラマンエース、トップを飾るいい役ですね。やっぱりイマドキのウルトラセブンはなんか妙な気がしますね。さすがにウルトラマンはいつ見ても端正ですね。

ファイナルメテオールには、個人的にウケてしまいました。ま、ありがちな造形ですから・・・。それにしても、その技術でメビウスに新兵器でも作ってあげていれば、激弱の汚名返上できたのになってちょっと残念です。

なんかもう、BGMがウルトラマン的じゃないような気がするというのは言いすぎですか。やっぱり。

ゾフィがサコミズ隊長に「共に行こう」というのと、リュウとヒカリが人格まで同一化したのはどうにも意味がわかりません。ウルトラ兄弟とGUYSのメンバーに1対1のつながりがあるように見える割には、ミライも含めてみんなでメビウスに変身するというのも良くわかりませんでした。人格とか、主観とか、力を使っている意志がだれので、自分はそれに対してどういう立ち位置にいるのかなどということは、変幻自在なものなのでしょうか。

メビウスの展開に意味づけをする努力は放棄しましたからいいんですが、こういうところを見るにつけ「昭和ウルトラマンの世界を継承した設定」というような表現はちょっと違うでしょうと思います。好意的に表現すれば新しい解釈をしたのですが、下馬評にあったような思い切った新しい展開もなく、結局単に場を盛り上げる表現優先でツジツマがあうかどうかはどっちでもいいのだろうと思ってしまいます。ツジツマをあわせるためにつまらん話になってもいいとはいいませんし、ある意味意外な展開がなくてほっとしている面もありますが。

地球は俺たちの手で守っていける。リュウがまた言ってますが、この展開から考えてまあ無理でしょう。そういってもらわないとヒカリは帰りづらいでしょうけど。

ウルトラマンは地球人と融合することで、自分以上の力を発揮できるのかもしれません。では人間はウルトラマンのエネルギー源なのでしょうか。元気の素?なのでしょうか。
力をあわせるとは、心を合わせてひとつになることなのでしょうか。ウルトラマンが圧倒的な力であるなら、人間は科学技術でも、アイデアと工夫でも、せこい裏工作でもかまわないから、人間らしい方法で「力をあわせる」ことはできないのでしょうか。メビウスのテーマがそういうことではないのは知っていますから、ここでこんなことを言い出しても仕方がないし、コンテンツが豊富な今日日にウルトラマンにそういう展開を求める必要はないのかも知れませんが。

ウルトラマンとも当分のあいだお別れです。
思えば、たまたま見たウルトラマンマックスが面白かったことに端を発して、昭和・平成のウルトラマンを全部見ようかという勢いになってしまった私です。(レオのDVDレンタル開始、早いとこお願いしますね~。)子供の頃の記憶ではあまりおもしろくないと思っていたエースもタロウも今見るとおもしろいです。いつかメビウスも見直してみるとおもしろいと思う日が来るのかもしれません。

Guys

さようなら、GUYSのみんな。
愚痴のような記事を読んでくださったみなさま、ありがとうございました。

« 【ウルトラマンメビウス】 絶望の暗雲 | トップページ | ウルトラマンのいない週末 »

ウルトラマンメビウス」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

コメント

正直物足りない最終回でした。
いろいろやりたい事はわかるのですけど
「ティガ」で感涙したので。
でも他の皆様の処にいくと感動したって
いってます。感動できなかったのは自分だけ?

当分の間ウルトラは見納めらしいですが
次回作にはミライくんも登場して
新たなウルトラマンに「兄さん」と言われるのでしょうか?

doudeshiyou さん、こんにちは。

>感動できなかったのは自分だけ?
ご同類がここにもひとり居ります(^^;)。

>いろいろやりたい事はわかるのですけど
まったく同感です(^^;)。

>新たなウルトラマンに「兄さん」と
新GUYS隊長のリュウさんは、「若いウルトラマン」を部下にしてるだろうかとそちらのほうが気になります(^^;)。
まあ、以後ウルトラ兄弟は、人間の姿じゃなく、何千年も生きている本来の姿で出ていただければいいかなと。

期待はずれだったみたいですね。

私は、第1話でリュウがメビウスを怒鳴りつけたときから、
ああ、これは学園ドラマみたいなシリーズなんだ、と思ってましたから、
それ専用の特殊な目線で眺めていたのでショックはありません。
学園風ドラマである以上、卒業して各自の道を歩むというのもお約束かなと。

まあ、メビウスのこれまでの展開から、
ピンチに強い想いのパワーで体が光って奇跡が起きるという
平成名物現象が起きるだろうことは予想もしていました。

新しいと思ったのは、正体バレ以降、ウルトラマンの人間の間の
垣根がどんどんなくなり、対話シーンも増えていったことですね。
最後もそれを踏まえた落ちの付け方だったと思います。

ミライだけでなく、他の兄弟に関しても...
星間種族ウルトラマンと幼年期の終わりの人類、あるいは
学園伝説のOBといったところでしょうか....(いいすぎ)

頼もしくてカッコいい大人っていうのはこういうのだぜ。忘れちゃいけないよ。って子供たち(と既に大人になってしまった人たち)へのメッセージでもあったのかも。

>ウルトラマンは地球人と融合することで、自分以上の力を発揮で
>きるのかもしれません。では人間はウルトラマンのエネルギー源
>なのでしょうか。元気の素?なのでしょうか。

人間と融合すると何故か元気百倍というコスモスで開発された体質ですね。
我々と現実の人間と違って、ウルトラマンにでてくる「人間」は
もっとウルトラマンよりの存在なのかなと思ったり....(笑)

うろおぼえさん、こんばんは。

好意的に書こうと思えば書ける程度には面白かったと思いますし、「期待はずれ」というほどではないのですが・・・。

メビウスが独立した物語だと思えれば「それ専用の特殊な目線で」楽しむことが出来たと思います。ただ非常につまらないことにこだわるようですが「地球はわれわれ地球人の手で守り抜かなければならない」の科白が繰り返されるのには辟易しました。他にも細かいことで「それはちがうやろ」と「感じる」事柄が重なったもので、あえて好意的に書く気にならなかったのです。

まーゆうたら、メビウス自体は悪くないけど、あえてメビウス的な考え方を理解しようとするより、自分の感じ方と違う部分を(上手く言えませんが)書いておこうかなと。その程度なんです。いやまったくなにやってんだか。

ウルトラ兄弟と地球人の関係はますます複雑になったような気がして、ちょっとその辺もう触るのめんどくさいような気にはなりました。ま、そんなの理屈じゃないんですけどね。

ふむ。
そうですか。

いずれまたウルトラマンが作られることがあれば
次は、硬質で、地に足がついた、だが、泣かせるドラマの奴が
観たいかなという気はします。

ただ、次にウルトラマンに手を出そうという勇気ある放送局が
現れるのかは心配ですけど。

ところでDaawさん、ネクサスとかガイアとか
ちょっと異端ぽいのは観ないんですか?

うろおぼえさん、コメントありがとうございます。どうも舌足らずで恐縮です。

「メビウス自体は悪くないけど」というのは、こういうのが今風で子供に受けるのなら、そのうえ感動したとおっしゃる方が大勢おられるなら、私がいい悪いといっても仕方がない、の省略です(^^;)。

>勇気ある放送局が
そうですね・・・。ウルトラマンは意外と話の自由度がないですね・・・。いっそアレだけ人数がいるのだから、漫画版みたいにスペースオペラ風にするのも手かと思うのですが。

逆に製作側が、人外の力であるウルトラマンと人間の関係性にこだわりがあるのなら、やっぱりメビウスの展開はちょっとちがうやろ、という気がしてきました(^^;)。

いまガイアを前半まで見て中断してます。(ちょっと現実のほうでいろいろありまして。)設定がしっかりしてて雰囲気も好きですが、「萌え」に欠けるので勢いで感想書きにくいのです。たぶんガイアの後、コスモス、ネクサスと見ると思います。

コメントありがとうございます。 毎週トラバもありがとうございます。 メビウスレビューはこれで終わりますが…たまには“特撮コラム”と評して、考察記事でも書きたいと思います。 第1回は、怪獣の名前考察・東宝編を予定しています。

映像秘宝館 さん、コメントありがとうございます。
これからも時々お邪魔します。さっそく怪奇大作戦の情報見てきましたです。

>そうですね・・・。ウルトラマンは意外と話の自由度がないですね・・・。

ま、そうなんですが、それ以前にウルトラマンの
平均視聴率は下がる傾向にあって、だいたい直線近似できる感じ

で、その式は
視聴率 = 739.55 - 0.367×西暦
なので、2010年スタートだと予想値は平均2.2±0.5%。
厳しい(T_T)

スポンサーの玩具屋さんが、視聴率なくても
きっと玩具が売れるに違いないからOKとでもいってくれればよいのですが...

そうでなければ、よほどのことをして
視聴率低下の呪縛を断ち切らないと放送局としては嫌がるんじゃないかと...

うろおぼえさん・・・。直線近似はひじょーにマズイのでは・・・(--;)。

誰か、ウルトラマン放映の経済効果とか言い出す人いませんかね。タイガース優勝の経済効果とか研究あるじゃありませんか。全然違うか。ライダーとか戦隊シリーズの視聴率はどうなかとか、玩具やDVDの売れ行きでいうとどうなのかとか。よく知らないのでごめんなさい。

メビウス最終回で、戦隊もの風に鞍替えするのかとちょっと思いました。いえ冗談ですが。対象年齢層を上げようにも「ネクサス」がいまいち当たらなかったのが痛かったかも知れませんね・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25129/14477895

この記事へのトラックバック一覧です: 【ウルトラマンメビウス】 心からの言葉:

» 「ウルトラマンメビウス」第50話「最終三部作Ⅲ 心からの言葉」 [あしたはきっとやってくるさ!]
暗黒宇宙大皇帝 エンペラ星人 健啖宇宙人 ファントン星人 サイコキノ星人カコ 登場 [続きを読む]

» 【心からの言葉】 [KITAKO'S BLOG]
最終回:「心からの言葉」 ついにこの日がきてしまった。メビウスの最終回・・・・  いきなり先週のヒカリが斬り込むシーンから始まる!歌は!?ま・・・ええわ。そんでもって、リュウが爆死したかと悲しむミライに「俺は生きてるゼ」の声が!  再び出現するヒカリ...... [続きを読む]

» ウルトラマンメビウス最終回 [ふぁくとりいD]
ウルトラマンメビウス第50話 最終三部作 〓「心からの言葉」 監督:佐野 智樹/特技監督:原口 智生 脚本:赤星 政尚 STORY ウルトラマンヒカリの苦戦に、ミライは無理をおしてメビウスに変身する。 しかしエンペラ星人の強力な光線を浴び、遂にその姿を消してしまった。 もはや地球はこれまでなのか・・・。 隊員たちが絶望しかけた時、彼らの胸にどこからか声が響いてきた。 それはウルトラマン、ウルトラセブン、ウルトラマンジャック、ウルトラマンエースからの希望のメッセージだった。 彼らはエンペラ星人によ... [続きを読む]

» ★ウルトラマンメビウス#50 メビ=ヒカ登場!! [子育ちパパの航生日誌☆2.0]
 宇宙大皇帝 エンペラ星人、健啖宇宙人 ファントン星人、サイコキノ星人 カコ・・・ウルトラマン多数登場   撃墜されたリュウがヒカリに・・・。  そう来たか・・・。  で、エンペラ星人に刃が立たないヒカリを見たミライをヒカリが包みメビウスに変身。  なかなかクールな変身でした。 ≡■≡ メビウスはエンペラ星人の赤黒い不気味な光線の集中攻撃を受けて消失!  ヒカリも力尽き、GUYSの面々は絶望に覆われる。  そんな隊員達にエース=北斗の声が届き、更にはジャック=郷、セブン=ダン、マン... [続きを読む]

» 心からの言葉 [ウルトラとか空想科学とか何とか]
ウルトラマンメビウス最終三部作その3を見ました。 少女の「ありがとう」で始まった物語は、ミライとリュウの「ありがとう」で 遂に大円団を迎えました。 友情と絆で奇跡を起こし、地球を救うという決定事項に 如何に1... [続きを読む]

» 心からの言葉 [青い翼の民]
ついにメビウス最終回となってしまいました。うわ〜ん!次のウルトラマンはすぐじゃないのががっかり。ウルトラマンのない週末なんて・・・悲しいな〜・・・(T_T) さて、それではレビューいきますか。リュウが乗ったガンクルセイダー。しかし、リュウはヒカリとなって生きていました。え〜!リュウがヒカリ?似合わない・・・(-_-;)だいたい「うお〜!!」とか絶叫するヒカリなんて嫌すぎる・・・ ヒカリ(リュウ)はエンペラ星人に立ち向かっていきますがやっぱりエンペラ星人には敵わない。すぐに点滅するカラータイマー。... [続きを読む]

» ☆★ウルトラマンメビウス(最終話)★☆ [◇◆映像秘宝館◆◇]
== ウルトラマンメビウス(最終話) == {{{ まずは、ウルトラマンメビウスの製作スタッフにご苦労様、ありがとうと言いたい だが…ちょっと待て、自分はこんな最終回には納得していないぞ…と では、大まかな内容から…見ていこう }}} {{{ エンペラ星人の攻撃を受けたリュウの乗ったガンクルセイダーは粉みじんになった… だが、リュウはウルトラマンヒカリと一心同体となり命は助かる }}} ヒカリがリュウと合体するのはいいとして…どうやらセリザワの意識は前回のラストで、ヒカリ..... [続きを読む]

» ウルトラマンメビウス最終回 [よろずな独り言]
 一応まとまりました,メビウスの最終回。もう1回K子さんの実家に行って見直したい感じですね。 [続きを読む]

« 【ウルトラマンメビウス】 絶望の暗雲 | トップページ | ウルトラマンのいない週末 »

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

お世話になってるリンク。ジャンル混載・順不同

無料ブログはココログ

目次