最近のトラックバック

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月の記事

【ウルトラマンメビウス】 絶望の暗雲

正体あらわすシーンが長いわ、口上が長いわ、と文句つけようかと思って見ていたエンペラ星人ですが、まあ強いこと強いこと!ザムシャーもヒカリも片手で捻るありさまに思わず見とれてしまいました。これでは・・・手負いのメビウスなんて相手になりませんね(^-^;)。

群集の声援でバーニングするメビウス。なるほど声援だけでも十分役に立つようです。

こどもはちゃんとありがとうを言います。とてもいいことだとおもうのですが。感謝は行為で示しなさいよ、大人のみなさん。ってその行為が声援では・・・。

エンペラ星人とヒカリとザムシャーの戦いは迫力満点。強い敵となるとウルトラ兄弟が寄ってたかって感をなくすためもあってか、やたらに図体が大きくなる傾向はいかがなものかと思ってましたから、(別に単独ではいいけど続くとちょっとね)、策略を使うでもなく、単に強いってのははっきりしててかっこいいですね。ま、見ためは・・・ですけど。

メビウスやヒカリはウルトラバリヤー(とか類似品)使えないの?自分の体使ってたらもたへんよ。

フェニックスネストに迫る暗黒宇宙皇帝と、阻止せんとするザムシャーにヒカリにカコ、次々負傷するGUYSメンバー、破壊されるフェニックスネスト。と、盛り上がるのはいいが、都市は一瞬で丸焼け、太陽は真っ黒、地球は暗黒の世界になってるんですが。この比重の置き方がなんともメビウス的ですね。

単独飛び出していくリュウに、好き嫌いはとにかく、さいごまで気合だけでがんばるスゴイヤツかも!と思ったら役に立たなかったじゃありませんか(TT)。来週復活するのはだれで、死んだままなのは誰なのかちょっと楽しみです。ああ不謹慎。

ザムシャーもヒカリもカコも感動的なシーンだったとは思いますが、そもそも登場エピソードがもうちょっと・・・だったら納得したのになあって感じです。エンペラ星人の格闘シーンは前のめりで見てしまいましたが、結局GUYSはなにやってたのって感じもします。「私たちが築いてきた絆」といわれても・・・ねえ。

M

<ネタが尽きてしまったような。

【ウルトラマンメビウス】皇帝の降臨

まあ何といいますか、感動しなかったと言えば嘘になりますが・・・。はっきり言って態度を決めかねるといったところですね。

先日の「市民」と今回の「市民」とであまりにも態度が違いすぎですが、やっぱり、事を分けてきちんと説明するのって大事なことなんですね、隊長。それともGUYSは信用されてないけど、ウルトラマンは信用されてるってことかもね。それとも大人は小ざかしいけど、子供は純真ってことかもね。

まあ市民の総意ってのはいいけれど、いつの間にか集計センターなんかできてて、国民投票?も電話1本、FAXOKとは、時代を先取りしてると言うかなんというか。

ヒルカワさんはめげずに悪い人。ここまで来るとこの人が最後どうなるかが興味の焦点になっちゃってる私。だってさー、隊長が総監だってのも、他に落としようがないし、すっげいい役だなあこの人ってカンジで、正体露見(違)の感動もあんまりないしなあ。

「皇帝」の言うことを聞いてもいいことなんかないと思うけど、「声援で勝てりゃ世話ない」って科白もある意味そのとおり。「GUYSは仲良しグループか」って科白もある意味そのとおり。そうじゃないところを見せてくれるって事ですね、そうなんですね。別段ここに至って情けない内輪もめをしろと言ってるわけじゃないですよ。そうじゃなくてー。

半年前のわたしならまた無駄なことでいらついてたような気もするけど、も、なんか慣れちゃったからいいや。なんでも言って。

というわけで、人類の誇りを持って滅びようって時にウルトラマンヒカリ登場です!こんな際に兄さんたちは何してるのさー、って小ざかしい大人が言ってもいいですか?やっぱダメですか?

すっげしょうもないことで突っ込むんですけどさ、えんぺらっていかの頭の三角形ですよね。なんで音引きつけないのかなぁ。

S

【ウルトラマンメビウス】メフィラスの遊戯

先週はウルトラセブン登場に、別件との相乗効果もありーので天井知らずにテンション上げてしまい、今週は下がるしかないところへ持ってきて、またテンション下がる別件がありーの。せっかくのメフィラス登場、じゃない、初代ウルトラマン登場も胃が痛い状態で見る羽目に・・・。

一言で言うと、何しに来たんだかよくわからないメフィラスと、何しに来たんだか良くわからない初代の対決ってカンジでした。(きっと歳のせいで気が弱くなっちゃったんだ。)(TT)

記憶の中でメフィラスとメビウスが入れ替わってるなんてことにするのなら、とうぜんリュウとメフィラスのラブラブシーンとか、GUYSの「みんな」とメフィラスのエール交歓シーンとかほしかったな。(メビウスはGUYSの仲間を「リュウさん!みんな!」と呼ぶのだ。)

いきなり初代とメフィラスの会話がが知り合いっぽい。
休みの日は公園しかいくところがない。
切迫感のないGUYS VS ミライ対決シーンに隊長はでてこない。
めちゃヤラレてる光景でやっと思い出してもらえるメビウス。
「泣かせちゃってゴメン、ミライくん」<ばりばり撃ちまくったことを謝りなさいよ。

一言で言うと、ぬるくまとめるのか、キツイ話にするのか、わかりやすければいいのか、中途半端でしたねえ。雰囲気で盛り上げる手もあったと思うんですけどねえ。

メフィラスを諌めるウルトラマンも、趣旨はわかるけど、もう少しこう、精神攻撃が上手くいかないことに苛立ったメフィラスが実力行使に出たところで、とか、ほんとに汚い手を使おうとしたところで、止めに入ったとかにすれば、「ゲームの駒」と自嘲して皇帝に殺されてしまうメフィラスも浮かばれたんじゃないかと思うんですけどねえ。

これからますます面白くなるよ、ってもうすぐ終わるんですよねえ。最後だけどえらいシリアスになったりしたらどうしましょうねえ。

H

電王5話・6話見ました~。

電王第5話

ウラタロス登場。
シマは省略?カメは悪役?
マイフェイバリットキャラのサンネンネタロスは出ないか
 <出ねえよ。
東光太郎ッス。・・・しょうもなっ・・・。
 <しょうもなさすぎるっ・・・。

「この体具合いいじゃん、オレもつかわせてもらお」
(@_@;)

良太郎カツアゲされ事件
山越現金強奪事件
モモタロスバイト代使い込み事件
ウラタロスさいふ持ち逃げ事件(せこい)
なにかとお金がらみの話がつづき。時は金なり?
ライダーって生活感ありますねえ・・・。
(ウルトラマンにお金の話が出てくる事ってめったにないですよね。だからなんだってこともないんですけどね。)

第5話ではウラタロスっていまいちかわいくねえなあと思ってたんですが、第6話では魅力満載。2話連続で一つのエピソードっていうのは思いつきですね。

電王第6話

「おまえがいなけりゃ楽しい電車なんだよ!」
実感こもってますね。くつろいでましたもんね。

砂の味だの孤独だの。
前回イマイチに見えたウラタロスが憂いを含んだ横顔も麗しく見えるじゃありませんか!(だまされてる)

「つった魚に助けられ、カッコワリイ」
結局、良太郎くんが一枚上手ということですね。
ハナさんにもきっちり意見する良太郎くん。
動じない人なんですね・・・。動じないまま溺れ死にそうに・・・。

「卑怯だぞ」
「よく言われるよ」
子供にとりついてるくせに、まあ人のこと言えないですわよ。
というより、デンガッシャーでばんばんばしばしたたきまくる容赦のなさを指摘してあげてください。
はったりかましたりしない分、モモさんよりウラさんのほうがコワイですよぅ。

平沢ライブに行って来ました。

表現がべたべたですみません。自分に音楽のセンスはありません。でも平沢進は良いのよ。

3月3日(土)4日(日)恵比寿リキッドルームでの久々インタラクティブじゃないライブ。待ってる間に「オールスタンディングってことは踊れってことだよね~」の発言が聞こえてきましたがその通り。老若男女が跳ねます。踊ります。インタラクティブの時は立てないからちょっとうずうず状態だからね。

なかんずく楽しかったのが、「山頂晴れて」最後まで上がり調子の女声コーラス。「賢者のプロペラ」無理無理なテクノビート。ぱりぱりしたメタルな音の鳴り響く「救済の技法」(だったと思う。すみません)どれも突端はええっ、そんなことにするのっ!とびっくり。2回目からはノリノリ。普段は格調高い?ところが良いヒラサワの曲ですがライブの時はやや○チガイじみたアレンジがいいです。

3日はわりと前の方でしたが、人の頭の間から片目づつ、顔だけ時々頭だけ。・・・ときどき曇り。でも真ん中にいたので音がきれいに聞こえました。と2日目に気が付きました。2日目はちょっとうしろめの階段に陣取り、ヒラサワの膝まで見えた!と、しょうもないことで感激。前にいたおにいさん、右側にいたおねえさんお気遣い有り難うございました。おかげさまでよく見えました。前の方ならライトの中の顔だけ見てるのも捨てがたいですけどね。運が悪かったら沈没ですけどね。

2日ともアンコールあり、再登場ありとサービス精神旺盛な平沢氏。1日めはハンディビデオ構えて出てきて、ここぞとばかりに手を振る観客に「ありがと」と一言で引っ込んでしまい。「本日の演目は終了いたしました。とっとと帰りなさい」の本人場内アナウンスが(^^;)。
2日目はMCで、「今後も普通のライブをやるから、今日のところは帰りなさい。」インタラクティブじゃないライブはバツゲームだと言ってるわりには交換条件が不利ではありませんか(^^;)。両日ともアンコールの拍手なりやまずでしたが、どこからともなく「師匠が帰れとゆうてるねんから帰ろうや(意訳)」の声が上がり、それもそうやね、と散会。歌いづめの平沢さんお疲れさまでした。

今後も普通のライブをするのでしたら大阪にも来てねっ。


PHONON 2550  1日目 孫引きさせて頂きました。曲目リスト。自分じゃとーてー覚えられない(^^;)。
嵐の海 オーロラ キャラバン サイボーグ 時間の西方 白虎野の娘 赤化(ルベド) 死のない男  ナーシサス次元から来た人 生まれなかった都市 広場で スノーブランド 万象の奇夜 ハルディンホテル 山頂晴れて 救済の技法 town-0 phase-5 quit 
<アンコール>賢者のプロペラ3

2日目
フローズンビーチ オーロラ3 船108 サイボーグ 時間の西方 白虎野 赤化(ルベド) 死のない男 Gemini 生まれなかった都市 広場で2 スノーブランド CAMBODIAN LIMBO パレード 山頂晴れて sign town-0 phase-5 賢者のプロペラ3
<アンコール>ハルディンホテル

Hirasawa

【ウルトラマンメビウス】 不死身のグローザム

アイスラッガー出たっ!エメリウム光線出たっ!スゴイっ!
(スゴイ光線じゃないよ。)
横並びに並ぶとワイドショットの方が映えるからどうかなと思ってたけど、そう来ますか!組み体操でも始めるつもりかと、ちょっとどきどきしましたけどねっ(笑)。
ばっさり袈裟切りなんか昨今はできないと思ってたけど、先に穴まで開いちゃってるし!氷だし!
目一杯がんばっていただきました!やっぱり平成のセブンはすべすべしててカワイイです!・・・。

内緒の話ですね、無限大光線のメビウムシュートとばってん光線のクロスアタッカーだと並んで撃ってもウルトラセブン目立つかなあとか、ちょっと考えてたんっスよね。いやそんなのあるわけないですけどね。つーか何自分で作ってるんでしょうね。

珍しく伏線?を使ってあったりとか。
そのうち使うんだろうと思っていた「元気の出るおまじない」はとにかく、なんでやねんのファイヤーウインダムとか、リムエレキングまで活躍してたりして、がんばってましたね。

かなり笑った部分もありまして。
グローザムの口がぱくぱく、とか、マントにミラーの飾りがついてる、とかはとにかく。
黒一点でどう扱われるかと思っていたテッペイは寒さで倒れるし。(コノミとマリナは平気なのに。ミライも平気なのにっ)。力負けとか技負けするならとにかく、メビウスは声援でバーニングしたあげく勝手に消耗して負けるし。(やっぱり前半で決め技撃つと負けパターン。誰かとめてあげて)。

それよりなにより。
馬で走ってる場合じゃないでしょう!焚き火してる場合じゃないでしょう!!昔話してる場合じゃないでしょう!!!凍ってるメビウスが語り合うダンとコノミの背景になってたのには笑ってしまいました・・・。

関係ないけど、WiiのCMの字幕と大怪獣バトルで目立ってるガンQにも笑いました。<関係ないです。

あきらめるな、信じれば、仲間がいればという主張を言われただけでナントカなるのではイマイチですが、今回はアサミさんの新兵器とかリムエレキングが一役買ったりとかがあって、説得力ありましたね。なんでも言葉でことこまかく説明するのがメビウスの流儀なようですから、毎回文句をいっても仕方ないですが、凍り付いてるメビウスを目の前にしてごちゃごちゃ喋ってるダンとか、「女性の力を見せてあげる」などとわざわざ言うアサミとかは、やっぱ「言わんでもわかる展開のほうがしゃれてるやんね」と思うんですけどね・・・。

文句つけたくせになんですが、正直、モロボシダンの口から「仲間がいる限りどんな強敵とでも戦うことができる、勝つことができる」という科白を聞いたときはうるうる来ました・・・。アタシたち立派に「仲間」だったんですね!!え、そりゃあアタシのことじゃないのはわかってますよ。でもでもでもっ。

【ウルトラマンメビウス】不死身のグローザム 予告編(笑)

今週末おでかけ中でメビウスのレビューは4日(日)深夜に書きます。書くともさ、書かいでか。
予告編ですでにバーニングだ!(やや誤爆中)

メビウスと並んでトンボを切るウルトラセブン。軽い軽い!(あとで人間体が筋肉痛に・・・)
コノミちゃんと仲良くなるモロボシダン。(まあ昔っからモテ男ですから・・・)
いわくいいがたい魅力があるのか、絶対安全に見えるのか、本編はとにかくその後と言ったら、飲み屋のおねえさんに泊めてもらうわ、看護婦さんちに居候するわ、百戦錬磨、海千山千、いくつになっても食う寝る遊ぶに困らない風来坊。六甲山から騎馬で乗り付けた日には、雌のヒツジが群れでついてきたりして、グローザムはひつじまみれ、メビウスは氷詰め。今年は暖冬でよかったっす。六甲山のヒツジはジンギスカンにできます(ウソ)。

決めわざは千人斬りのアイスラッガーでお願いしますよ!クロスアタッカーなんか撃っちゃやーよ。(いえ別段それはそれでもかまいませんのですが・・・)

以上予告変もとい予告編終了。続きは日曜深夜でございます。ウルトラセブンガンバッテ!
もしかして、平沢ライブ、メビウス&セブン、人事異動のアメイジングトリプル(^^;)で撃沈したらゴメンナサイ。

M20070302

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

お世話になってるリンク。ジャンル混載・順不同

無料ブログはココログ

目次