最近のトラックバック

« 電王1話・2話見ましたー。 | トップページ | 【ウルトラマンメビウス】エースの願い »

【ウルトラマンエース】28 さようなら夕子よ、月の妹よ

南夕子さんが物語から退場にすることに理由をつけようという話。にしてはとても美しい話に仕上がっていたと思います。

南夕子は実は月星人で、月を滅ぼした超獣ルナチクスを倒すため地球に来た。エースになってルナチクスを倒すことができたので、今度は月の再建のために月に帰っていく。コレだけの話ですが、満月の薄明かりの下。ススキの野で語らう北斗と南。月の人たちの歓喜の笑い声。一人一人に丁寧に別れを告げて去ってゆく南夕子。と叙情的で澄んだ雰囲気の話になっていました。なぞめいた南の言動と、問いかける追いかける北斗もいいですね。

ルナチクスは印象的な名前を持っているのに、ズダ耳うさぴょん超獣で、エースとの死闘にもかかわらずいまいち迫力に欠けた感があるのが残念でした。目の玉が飛び出して爆弾になるエグい攻撃にもちょっと辟易でしたが、逆に「○チガイうさぎ」っぽくてよかったかもしれません。地球のマグマを食い尽くそうかという超獣のくせに、炎に巻かれて死ぬというのもツッコミどころでしたが、とどめをさすのも忘れたようにルナチクスの最後を見つめるエースは感無量といった感じが出ていてよかったです。、格闘シーンの長いことと言ったら(笑)。

なんといっても「地球は兄、月は妹」「地球を月のような死の砂漠にしてはならない」という美しい科白が印象に残ります。子供の頃は月に人が住んでるわけないやん、月星人てなんやねん、ですべてでしたが、それだけじゃなく、寓意としての、意外な近くに友好的な宇宙人はいるのだ。われわれは孤独ではない。そして、「月がみどりの世界になる日」が来るかもしれない、それまで地球が生命を育むゆたかな星であり続けるために、私たちには「しなければならない」ことがあるのだ。そう言われているような気がしてきました。たぶん地球人はみんなロマンチストなんですよ、夕子さん。

女の子がウルトラマンになった最初の話であり(半分だけですが)。たぶん唯一の宇宙人憑依のウルトラマンでもあり。長い間おもしろくないと思っていたクセに口幅ったいことを言うようで恐縮ですが、いまとなっては夕子さんがいなくなったのはほんとうに残念な気がします。TAC隊員の構成も美川隊員の「紅一点」に戻ってしまいましたしね。


今回はおまけつき。美人に描けなくてごめん>エース。

Ace

« 電王1話・2話見ましたー。 | トップページ | 【ウルトラマンメビウス】エースの願い »

ウルトラマンエース」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

コメント

どうもこんばんはです。
とうとう帰っちゃいましたね、夕子さん・・・(涙)
確かにいきなりな退場で幼な心にもなにか納得しきれない部分もありました。
多くの女性ファンももうこの回からエース観ない!といっていました「夕子さんのでないエースなんて・・」って。
でもクリスマス、そして最終回に出るとは。
あとたしかタロウでモチロンの時にウルトラの父と一緒に帰ってきたこともありましたね。

すいませんが病み上がりなのでこの辺で。

doudeshiyou さん、こんばんは!
病み上がりですって、お大事にしてくださいね。

>「夕子さんのでないエースなんて・・」
私自身はあまり友達とエースの話をした記憶がないので、エースや夕子さん(や北斗(^^;))が大好きな人がたくさん居られるとわかって、なんだかうれしいです。って、こないだまであまりエースをいいと思ってなかったんですが、夕子さんがいなくなったこともそう思っていた理由のひとつだったのかもしれません。
ウルトラマンの誰が好きかって、自分が見た年齢に左右されるんですね・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25129/13914612

この記事へのトラックバック一覧です: 【ウルトラマンエース】28 さようなら夕子よ、月の妹よ:

» 「ウルトラマンA」第28話「さようなら夕子よ、月の妹よ」 [あしたはきっとやってくるさ!]
満月超獣 ルナチクス 登場 [続きを読む]

« 電王1話・2話見ましたー。 | トップページ | 【ウルトラマンメビウス】エースの願い »

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

お世話になってるリンク。ジャンル混載・順不同

無料ブログはココログ

目次