最近のトラックバック

« 【ウルトラマンエース】19 河童屋敷の謎 | トップページ | 【ウルトラマンエース】22 復讐鬼ヤプール »

【ウルトラマンエース】20 青春の星・ふたりの星

北斗はTACアローでパトロール中、空を飛ぶ客船を目撃する。基地に帰って報告するが信じてもらえないばかりか、暑さボケだの、休暇を取るようにだの言われてしまう。意気揚々と休暇を取る北斗。もちろん客船の調査に行くつもりなのだ。探し出した空飛ぶ客船はスカンジナビア号。港に係留されホテルとして使われている、もう航海することのない船だった。スカンジナビア号が空を飛んでいたと言う北斗に「オレの船を幽霊船呼ばわりして難癖をつける気か」と絡んできた青年がいた。篠田一郎(適当な役名(^^;))のちのウルトラマンタロウ東光太郎を演じる篠田三郎登場である。ダブル変身するかと思ってわくわくしちゃったわよ。<しません。篠田は大学をとびだして、スカンジナビア号が再び動く日のためにと船に住み込んで機械室で働いているのだ。

超獣が現れ、スカンジナビア号を襲う。篠田は船を逃がすために、係留してある鎖を外そうとダイナマイトを仕掛け、残った鎖を金ノコで切ろうとする。エースが超獣と戦う間も奮闘し、ついに帆船を動かす。エースが超獣を倒し、篠田は船を下りて大学に戻ると北斗に告げる。「待っていても船は動かない。自分で動かそうとしなけりゃならなかったんだ。またどっかであおうぜ。さようなら北斗星」

客船が空を飛んでいたのは超獣が操っていたかららしいが、船を操った意図はわからない。スカンジナビア号をなぜ超獣が襲うのかも解らない。自由を求めて大学を飛び出したはずの篠田が動かない船にこだわるのもちょっと変。(「自由だ。開放だ。」という篠田自身がなにかにつながれて動けないことの比喩なのだとおもうが)。つじつまがあってない話だが、雰囲気はとてもいい。あれは北極星。オレの名前は北斗星司。その北斗機に向かって、北極星の方角から飛んでくるスカンジナビア号は、海を走っていたころの名前をステラポラリスという。ただの語呂合わせだが夢のような符丁のような。

なんといっても篠田三郎の魅力で保ってるような話である。(個人的にはやはりこの方にはZATの制服よりTシャツの方が似合うと思うが)。若者らしい篠田の傲慢な物言いもこの人だから嫌味にならない。「オレもTACという鎖につながれているのかもしれない」と篠田に共感してしまう北斗もいい。やや無理な理由、やや無茶な言動も、二人の青年の純粋さに免じて拡大解釈してあげたい気分になるのである。なにかにつけ二人はとても楽しそうに言い争う。篠田が北斗を「北斗星」と呼ぶのもかっこいい。

« 【ウルトラマンエース】19 河童屋敷の謎 | トップページ | 【ウルトラマンエース】22 復讐鬼ヤプール »

ウルトラマンエース」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25129/13411786

この記事へのトラックバック一覧です: 【ウルトラマンエース】20 青春の星・ふたりの星 :

» 「ウルトラマンA」第20話「青春の星 ふたりの星」 [あしたはきっとやってくるさ!]
大蝉超獣 ゼミストラー 登場 [続きを読む]

» ウルトラマンタロウ情報 [ウルトラマンタロウ]
ウルトラマンタロウをよりいっそう楽しむ広場です。ウルトラ兄弟一番人気のタロウの画像からレプリカ、テーマソングの歌詞まで、管理人の趣味で集めた情報を紹介します [続きを読む]

« 【ウルトラマンエース】19 河童屋敷の謎 | トップページ | 【ウルトラマンエース】22 復讐鬼ヤプール »

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

お世話になってるリンク。ジャンル混載・順不同

無料ブログはココログ

目次