最近のトラックバック

« ウルトラセブンの漫画を買いました | トップページ | 訃報に接しまして »

【ウルトラマンダイナ】 29~32話感想

29. 運命の光の中で
いやもう、これはこまごまあれこれいう話じゃないのでは。って結局あれこれ言ってるんじゃん。

アスカはダイモンに「父親に勝ちたいなんて小さいことにこだわっているから」と言われたことがブレークポイントになってプラズマ百式を乗りこなすようになるのですが、結局最後までお父さんへの気持ちのこだわりを持ち続けて、なおかつやるべき事はやるところがアスカらしくてすごいんじゃないかって気がします。アスカはアホにーちゃんな演技をするのでごまかされて?ますが、本来目的のためにはすごくがんばる人、きっちり仕事をする人なのですね。

ダイモンもある意味アスカ・カズマの死をせおっていて、もうゼロドライブ計画を続けたくないといいながら、「大きな目的」のためにアスカを危険な任務に送り出すなど、なんというか表現する言葉がないですが、大きい仕事をする人は、たぶん気持ちの上でいろいろな事を引きずりながらもそういうことを言い訳にせずに責任を果たすのだろうなあ、進んでいくのだろうなあという気がしました。

難を言えば、ウルトラマンダイナとガイガレードの格闘シーンが余分なシーンに見えちゃったことかな(笑)。シリアスな話でもきっちりアクションシーンがあるのがダイナのいいところかもしれませんけどね。

30. 侵略の脚本(シナリオ)
なーんと、ミジー星人再登場です。貧乏になってます。カマチェンコさんお仕事楽しそうです。

相変わらず大騒ぎなミジー星人に売れない脚本家の作戦参謀(笑)ができたからさあタイヘン。いやーもう最初から最後まで笑いっぱなしですが、「こんなに笑っていいのだろうか」「この場面も笑っていいのだろうか」と、不安になるあたりにちょびっと大人テイストを感じるお話でした。(ホントかなあ)

ミジー星人役の桜金造さんが別の意味で人間離れして見えてしまいタイヘンでしたが、
怪獣を真ん中にしてぶっちがい飛行で挟み撃ちにする戦闘機は、見た目かっこいいけど、攻撃をかわされたとき流れ弾が当たって危ないんじゃないか。とか、
怪獣の攻撃をかわすのに側転やバック転をうつウルトラマンは、見た目かっこいいけど、回転してる途中に狙い撃ちされたら危ないんじゃないか。とか、
ひそかに心配していた私は、バック転の最中にガラオンの光線をもろに食らって卒倒悶絶、カラータイマーが消えるダイナにオオウケしてしまいました。こんな場面予告編に使うなよ~。ミジー星人があのノリでダイナに勝つのかと思って期待したやんか~。
コウダの「アスカとリョウの弔い合戦だぁー」といい、自虐ギャグ連発です。こちらもタイヘンです。

しかしなんといっても一番の自虐ギャグは、怪獣災害が頻発する世の中だというのに、相変わらず巨大ヒーローVS怪獣番組を作っている某特撮プロダクションなんじゃないでしょうか。ぜひ人気が出てほしいものです。宇宙人よりヘンな人がいっぱいいそうな世の中ですから、真面目な?宇宙人を雇った方がよく働いてくれていいかもしれませんよ。CGにお金かけなくても変身してくれるしね。

宇宙人だなんてバレちゃったら、役がもらえなくなって、あしたっからあたしたちまた職探しよぅー。

31. 死闘! ダイナVSダイナ
かっこいい話として楽しく見ればいいのか、正邪の対決とみればいいのか、なまじ倫理観らしきものがあるだけに反応に困る話になってしまった。

力を誇示し、勝負に勝つことが目的のグレゴール星人と人間を守るために戦っているダイナの対比。だとしたら「ダイナはいつも必死で一生懸命で、何度倒されても諦めずに立ち向かっていく」の科白に「それじゃあダイナがいっつも何度も倒されて、すっごくよわっちいみたいやん」なんてウケてはいけないのだ。

決めまくって仏頂面もかっこいい?グレゴール星人が、試合中継用円盤をつれてきたり、怪獣をやっつけてはポーズをつけたり、観客がダイナを応援するのに怒って攻撃してしまったり、するのを見ていると単純に格闘技対決を楽しんでいい話のような気もするのだが。

ところであの試合中継用円盤は自前でつれて歩いてるのだろうか。それともスポンサーが付いてて「グレゴール星人武者修行の旅」なんて銀河ネットで放映したりしてるのかもしれない。負けられねーよ、負けたらギャラ下がるし。せこい想像してスマン>グレゴール星人。

ニセモノが相変わらず吊り目でつま先がとんがってるのには笑ったが、さすがに見分けがつかなくててんてこ舞いする防衛隊というプロットはなく、判断つくまで介入しないヒビキ隊長はなかなか渋かった。が、やっぱり見分けはつかないようだ(笑)。
  
32. 歌う探査ロボット
かわいい話としてみればいいのか、不可思議な話としてみればいいのか。なまじ愛に救われてしまったために反応に困る話になってしまった。

たとえば、太陽系を観測しながらやがては外宇宙に飛び去ってしまい帰ってこない無人探査機に同情したり、故障のために観測機能を失った探査機が努力と工夫で目的を果たして帰ってきた話に感動したり、の延長にある話ではないかと思えば。人間の先駆けをつとめるラブモスがアイドルのようにになっちゃうというのもありそうな話ではある。それに、未知の星に用途も目的も解らない物体があって、予想できない作用を持っていたというような話もいい。

だから、「ラブモス、大好き、ちゅ」とか、サタンラブモスの造形などは笑ってOKだが、どうも結末の収まりが悪い。なんでマイの声を通すとラブモスが正気に戻るのかというあたり。ラブモスは孤独と虚無の風を聞き続けたために狂ってしまい、自分を必要としてくれるひとの声で本来の機能を取り戻したのだと解釈してもいいけれど、それならそうで、手がかりぐらいは欲しいところ。地球でアイドルになっていても、本人は孤独だったのだとか思っていいのかどうか、とか。

「私を壊して下さい」というラブモスをダイナが許したのでもう良いのかもしれないが、そのあとTPCがラブモスをどうしたのか知りたい。


「死闘! ダイナVSダイナ」「歌う探査ロボット」ともBGMがすっごく良かった。

« ウルトラセブンの漫画を買いました | トップページ | 訃報に接しまして »

ウルトラマンダイナ」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。マキシです。
ミジー星人はもう一回出ます。それは、オリジナルビデオの「帰ってきたハネジロー」です。
ここでも、貧乏生活してます。
「ダイナ」が生んだ一番の人気敵(?)キャラじゃないでしょうか?
ストーリーはミジー星人ですから・・・
なぜかブースカがラーメン屋で働いています。

マキシさん、こんばんは!
ミジー星人は映画にも進出するのですね。出演料上がってるといいですね。<そういう話ではないと思う・・・。
しかし彼らが出るだけで話がしっちゃかめっちゃかになるような気がしますが・・・。

こんばんは。
二十九話は最終回に向けての伏線になってます。 ところで、ダイナの世界の太陽系って狭いんだか広いんだか良くわからないところがあったりしますが(^^; この話だとかなり広く感じるような気がしません?
三十話は、もう説明抜きで楽しいですね。ミジー星人が住んでいたアパートがいかにもという感じで。なんだかすっかりなじんでしまっているので、そろそろ侵略を諦めて住み着いてしまってもいいんじゃないか(笑)なんて感じてしまいます。しかし、彼らは諦めてないんですね(笑)

うちゃさん、こんばんは!
>ダイナの世界の太陽系って狭いんだか広いんだか
29話でアスカが飛んだ先はアステロイドベルトでしょうか。「彗星の巣」まで行っちゃったような気になってましたが・・・(行きすぎ)。そうですよね、冥王星初の有人飛行がシンジョウなんだから。

ミジー星人は、ボスと部下で温度差あるのかと思ったら、作戦を始めると結局全員ノリノリになっちゃうんですね。本国に「地球を制圧しつつある」とか前向き?な報告をしてしまって引っ込みがつかないのかもしれませんよ。ケロロ小隊みたい(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25129/12873336

この記事へのトラックバック一覧です: 【ウルトラマンダイナ】 29~32話感想:

« ウルトラセブンの漫画を買いました | トップページ | 訃報に接しまして »

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

お世話になってるリンク。ジャンル混載・順不同

無料ブログはココログ

目次