最近のトラックバック

« 「ライオン丸G」第2話見ました~。 | トップページ | 【ウルトラマンメビウス】別れの日 »

【ウルトラマンダイナ】 5~8話感想

せっかくだからダイナを褒めておきましょう。ダイナの魅力は逆三体型です。ウエスト細いです。いきなり大の字です。
DVDのタイトル画面にまずウケました。ティガはなんとなくうつむき加減が多く、「この人なにか悩み事があるのかしら」って感じだったんですが、ダイナは正面!あおり!カメラ目線!
それから、あくまで前向きなトサカ(注)、いたずらっぽい表情の大きな口。お尻を褒めるのはやめたほうがよさそうかな。褒めてるんだか茶化してるんだか。(後者ですね)
ちなみにティガの時はあんまりうれしかったんで文句つけちゃってるんですよね。(いけない性格ですね)

(注)ウルトラマンの頭の突起に名称はあるのでしょうか。アイスラッガーにあたる部分です。トサカとか呼んでたらいまに成敗されそうな気がするんですよね・・・。ダイナってば凶暴だし(笑)。

5. ウイニングショット
この話おもしろい!
アスカとヒムロの友情、超かわいいマイ、ウルトラフォークの豪華3本立て(マイに比重を置きすぎ・・・笑)。

言わずもがなの感想ですが、堅実で努力家らしいヒムロと、はったり大好き意気がりアスカが気持ちの通う友達なのがすっごくいい。友達のアドバイスやちょっとした言葉がに励まされたり、転機のきっかけになったり。ふつうに良くあることが「ウルトラマン」の話に小気味いいようにぴったりはまってて。「無理だけど無茶じゃない」には、ああそのとおりだなあ、それがわかるのがプロなんだなって。ウルトラマンがフォークボールを理解すると思っているヒムロがステキ。声援にこたえて、地面をならして、見せ球放って、ウルトラフォーク!のダイナもステキ!

ウルトラフォークには感心しました。「こういう使い方があったのか!」これは着想の勝利。

笑ってみられて楽しくて、でも大事なこともちゃんと伝わってるよ!ダイナのよさがぐっと出た話のような気がします。

6. 地上最大の怪獣
巨大なキノコの絵にまず感心。S-GUTSの戦いっぷりも大迫力。サングラスのリョウがステキだわー!キノコの菌糸をコンピュータネットワークになぞらえたり、胞子のような小さいものがどこへでも入り込んで「地上最大の怪獣」に育つという面白い趣向。人間とはまったく成り立ちの違う知的生命なのに、人間とは敵対するけどダイナとは共存しようと持ちかけるなども、なかなか渋かったのですが・・・。

最後の「ダイナの特殊能力がフォーガスの本体を見つけた」でちょっとがっかり。キノコの菌糸=コンピュータネットワークなんだから、現れては消える人間体のように、中枢なんて仮のものの分散ネットワークで、全部を焼き尽くすでもしないと、どこからでもまた育って中枢を形成するなんてののほうが、面白いような気がするのですが・・・。それじゃあダイナに勝ち目がないかも(笑)。

7. 箱の中のともだち
ジャビッシュの媚を含んだ目がはずかしい。
えらい低予算な宇宙人がきたとおもったらいい人でした(笑)。

やはり女の子に受けるのは、ふわふわした、優しい目の、か弱さをアピールする動物のようで、爬虫類萌えの私はジャビッシュは拾って帰らないと思うけど、ゴルザかマキーナなら・・・。ダイナにも拾って帰りたくなるような怪獣出るかなあ・・・。

女の子と怪獣の話と、宇宙人と怪獣の話を一緒に語るのなら、もうちょっと女の子と宇宙人の話の部分があったほうがいいのではないかと、個人的には思うのですけど。唐突ですが宇宙人の捜査官と言うと「ヒドゥン」を思い出してしまうんですよね。

最後に女の子が「ひとりがいい、もう悲しい思いをしなくていいから」というときに、彼女は自分を助けるために死んだ宇宙人がいたことをどこかで覚えているのだろうかなあと、結局低予算な宇宙人に肩入れしてしまう私でありました。

8. 遥かなるバオーン
ダイナっていまのところ、コメディテイストはいってる話の方が断然面白い。
真面目な話も話としては良いけど、アスカがむりに子供っぽい表情や言い回しをするのがちょっと浮くんだなあ。それと見てわかったと言うよりは考えて理屈で納得している感じがちょっとある。

パオーンは予告編見てこれまたおふざけな怪獣を出すものだと思いましたが、本編見るとこれがぴったり話にはまっていてカワイイ。しぐさもカワイイ。ムスタファ博士も人物像はおふざけですが、この人のために大まじめにほのぼのな作戦を遂行するS-GUTSがいいですね。

眠くてふらふらのダイナとパオーンの掛け合いに大笑い。「ストロングタイプは赤だ!」パオーンめちゃうれしそう。ダイナはしぐさがいいですね。ふざけまくっててもどことなくスタイリッシュに見えるのが面白いんだなあ。

ただ、人類の進歩をあくまで肯定するダイナにおいて、この桃源郷のような村で、いかにもほのぼのな怪獣で、こういう話を語るのはなんだか不思議な気がします。科学とか進歩とか未来とか、そういったものが信じられなくなった世の中だからあえて進歩を強く肯定するのでしょうか。開発や進歩と対立する怪獣は「ひどいことをする奴」で、ほのぼのとした世界に現れるのは、ほのぼのとした怪獣。誰も対立せずシアワセな世界は、立ち止まりたい人の住むところは、結局夢のような村にしかないのでしょうか。

« 「ライオン丸G」第2話見ました~。 | トップページ | 【ウルトラマンメビウス】別れの日 »

ウルトラマンダイナ」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

コメント

ウィニングショットはいいですよね。ダイナはこういうキャラクターにぴったりはまる話のときは小気味良いくらいに決まります。バオーンも可愛くて好き。

>ただ、人類の進歩をあくまで肯定するダイナにおいて、この桃源郷のような村で、いかにもほのぼのな怪獣で、こういう話を語るのはなんだか不思議な気がします。

なんか、ダイナの時代の方がティガの時代よりも後のはずなのに、風俗なんかは古くなっているみたいな(^^; 

うちゃさん、こんばんは!
ダイナは、鮮やか!な話と、普通・・・な話とありますね。普通な話もそれなりに面白からいいんですけど。

>風俗なんかは古くなっているみたいな(^^; 
ティガは(妙な表現ですが)時代小説のようで、世界観がはっきりしているところが「SFっぽい」印象にもつながりましたが、ダイナは時代設定にぶれがあるように思います。それがウルトラ世界らしいといえばそうですし、話のバリエーションにもつながっているからいいんですけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25129/12331979

この記事へのトラックバック一覧です: 【ウルトラマンダイナ】 5~8話感想:

« 「ライオン丸G」第2話見ました~。 | トップページ | 【ウルトラマンメビウス】別れの日 »

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

お世話になってるリンク。ジャンル混載・順不同

無料ブログはココログ

目次