最近のトラックバック

« ウルトラガン3D | トップページ | 【ウルトラマンマックス】M32星雲のアダムとイブ »

【ウルトラマンマックス】ようこそ!地球へ さらば!バルタン星人

ほんとうに「さらばバルタン星人」になってしまいましたね。
「帰ってきたウルトラマン」の口数の多いバルタン星人にもちょっと疲れたような筆者なので、年寄りの繰言みたいな感想になってしまいますから読み流してください。(ちょっと疲れただけで好きは好き。)

お話自体はいいたいこともなんとなくわかるし良いです。
子供たちの前で変身するカイトもありです。考えてみたらそのほうが都合が良いから便宜上隠しているだけで、べつにひた隠しにする必要ないし。それにこどもたちはこういうことを噂話にぺらぺらしゃべったりしないと思うし。(カイトがちゃんと頼んどけばね)
バルタン星人とマックスの大量増殖も驚愕したからOKです。ちょっと絵的にはうるさかったが、発想の勝利ってことで。でも、あれがクローン技術でふえたてのはまずいんじゃないですか。クローンたちはマックスと戦うためだけに生み出された使い捨ての人間ではないですか。タイニーバルタンもウラシマ効果対策に自分のクローンを使うと言ってましたが、そのクローンはあなた自身ではない。この場合は最初のタイニーが地球を救うために自分を使い捨てにすると言ってるのだから傍から文句を言う筋合いではないかもしれないが。
バルタン星人ってやっぱり「生命」を理解しない宇宙人なのか?
それではさいごにバルタン星人がもとは人間の姿だったという種明かしが意味ないような。

バルタン星人が人間に理解できない論理をもつ宇宙人でありつづけるならそれはそれでいいです。バルタン星人が実は地球人の未来を暗示するような歴史を持つもと「人間」であったというのであればそれもOKです。たださいごまでバルタン星人の姿のままでこの物語を語って欲しかったとはおもいます。楽園の浜辺の白い服着た人間たちがバルタンの本当の姿だったなんて悪趣味です。人間とは違う文化を持つ、人間より高度な文明を持つ宇宙人をそんなありがちなイメージで語って良いのかとおもいます。「核戦争でこんな姿になってしまった」バルタン星人はただ地球人の美意識から見て醜いだけではない、自分たちの悪行の因果応報として穢れてしまった者ではないですか。その姿をバルタン星人自身が恥じていると言うのは、それを「もとの姿」だとか言って人間の姿にするのはまずくないですか。考えすぎですか。人間も悔い改めなければいずれこうなるというのですか。バルタン星人を美しいと思ってしまった私はどうすればいいのですか。繰言終わり。

コバとエリーのからみは時間かけたわりに、ちょっと消化不良だったような。最初は隊長に命令されて便宜上エリーとみつめあってたコバが途中から本気になっちゃったという感じが出たらもっとよかったと思います。好きと言われたあたりで引かずに乗り出しちゃったとかね。アンドロイドが恋愛の対象になるかどうかというより異種族間コミュニケーションのありかたとしてね。(笑
それで、というわけじゃないですが、ダークバルタンとタイニーバルタンの回想シーンなんかどっちでもいいので、勉くんとタイニーバルタンの交流をもうちょっと描いて欲しかったような気もします。バルタン星人が涙を流しただけでもう十分かもしれませんが。もとは人間なんだよね。姿が似ているから内面も似ているように思うのが間違いかもしれないが・・・。

もしかして、この話はひとつの結論を主張することより、それぞれの場面をどう考えるか視聴者に問うためにどことなくまとまりのない話になってるのではないか?とも思いますが。

« ウルトラガン3D | トップページ | 【ウルトラマンマックス】M32星雲のアダムとイブ »

ウルトラマンマックス」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25129/8728141

この記事へのトラックバック一覧です: 【ウルトラマンマックス】ようこそ!地球へ さらば!バルタン星人:

» ウルトラマンマックス: 第34話 [Kyan's BLOG II]
ウルトラマンマックス 第34話「ようこそ!地球へ」後編 。(V)o\o(V) が_| ̄|○になったお話。見ていた私は( ゜д゜) 以下読みたい方だけどうぞ(苦笑) [続きを読む]

» ウルトラマンマックス「ようこそ!地球へ 後編」 [ウルトラとか空想科学とか何とか]
 特撮シーンやファンタジックなモチーフは素敵でした。  基本的な構成要素はウルトラマンコスモス「The First Contact」と共通の部分が多く、並べ替えて皮肉もメッセージに盛り込んでリ [続きを読む]

» V(^∇^)Vばるるん♪ウルトラマンマックス「ようこそ!地球へ」後編 [レジェンド オブ ウルトラマン ☆ Nプロジェクト ☆]
今回、ダークバルタンの役を担当されました尾崎右宗さん 。 実は収録後にご友人達とアンヌさんこと、 ひし美ゆり子さんのお店で宴をされて、ひし美さんに激励されていたとか (*^-^)ゞ 敬礼♪ 気合入りまくりの尾崎さん!ダークバルタンは一度はバルタン族念願の「ウルト... [続きを読む]

» 今日のウルトラマン〜あの鐘を鳴らすのは〜 [ガヴァドンなボログ]
 今日の初代は『悪魔はふたたび』でした。登場したのは、タツノオトシゴ怪獣バニラと化石怪獣アボラス。3億5000年の眠りからさめた2体はオリンピック競技場でバトルを繰り広げます。  本エピソードの目玉は、「オリンピック競技場」での怪獣対決、その後のアボラス対ウルトラマンの組み合いでしょう。まさに怪獣オリンピックでした。ムラマツ隊長も「ウルトラマン頑張れ!」と応援してました。トリノにも届くといいのです... [続きを読む]

» 「ようこそ!地球へ」後編 さらばバルタン星人 [be in its flower別館]
 第三番惑星の奇跡の時のように音(音楽)が悪を退治すると言う意味では良かったなぁと思いますが、ちょっ無理やりだったかな? □不思議に思ったこと ・タイニーバルタン(半田 杏さん)の説明の理解度は、勉少... [続きを読む]

» ウルトラマンマックス34、「バルタンの目に涙」 [子育てパパのブログ日記Next]
子供の超科学星人タイニーバルタン、超科学星人ダークバルタン 登場  先週の感想で、バルタンのオリジナルの声「ウォッ・フォッ・フォッ・フォッ・・」を聞きたかったと書いたら、願いが叶ってタイトルバックに「ウォッ・フォッ・フォッ・フォッ・・」が流れました。  残念ながら本編では聞けませんでしたが、ちょっぴり満足。 ◆  宇宙工作員ケルスのエピソードで、エリーの心の中になにかが生まれたと思っていたけど、案の定・・コバ隊員を「好き」のファイルに移動させていた〜〜〜。  さすがヒジカタ隊長、部下の... [続きを読む]

» ウルトラマンマックス 第34話 『ようこそ!地球へ』後編 [SISTER'S SHIP]
30分間 『コバとエリーの”小さな恋の物語”』 でもよかったよ・・・・・・ ヒジカタ隊長は、何故にコバ隊員を選んだのだろうか? ショーンだっているのにねぇ〜 まぁ、これまでにも2人のエピが描かれている事だし、妥当な線かもねv しかし アンドロイドの扱い以...... [続きを読む]

» 「ウルトラマンマックス」第34話「ようこそ!地球へ 後編 さらば!バルタン星人」 [あしたはきっとやってくるさ!]
超科学星人ダークバルタン 子供の超科学星人タイニーバルタン 登場。 [続きを読む]

» 今日のマックス(2006.2.18) [はんちゃんのページ]
第34話 ようこそ地球へ(後編) さらばバルタン星人 前回、ダークバルタンに倒され、さらに崩された瓦礫に埋もれてしまったカイト・・・危うし・・・から始まり始まり。 ベースタイタンでは司令室の中のみまだ... [続きを読む]

» 第34話 ようこそ!地球へ 後編 さらばバルタン星人 [WAVEのブルーコスモス(アニメ支部)]
(TBC/06年2月18日放送) 超巨大化など、特撮では掟破りの戦法でダークバルタンに敗れ去ってしまったウルトラマンマックス。この間も、ベースタイタン内部では反重力の影響で、パニック状態に陥っていました。そこで隊長が考えた作戦は、コバ隊員がエリーの心の内を開..... [続きを読む]

« ウルトラガン3D | トップページ | 【ウルトラマンマックス】M32星雲のアダムとイブ »

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

お世話になってるリンク。ジャンル混載・順不同

無料ブログはココログ

目次