最近のトラックバック

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月の記事

ウルトラマンマックス「恋するキングジョー」放映記念。

ウルトラマンマックス「恋するキングジョー」放映記念にイラスト描きました。

キングジョーの絵でも、ウルトラマンマックスの絵でもなくて、
ウルトラ警備隊のソガ隊員の絵です。
てゆーか、牽強付会。

http://www.geocities.jp/sogaand7/

【ウルトラマンマックス】#13「ゼットンの娘」

いやあ、最初っから最後まで笑い続けたっす。
毎週、ケロロ見てマックス見て響鬼みたら体によさそっすよ。
あれ、誰かの口調がうつってしまった・・・。
いやもう、マックス面白いですわ。信じてついていきます。
(人の心は、ネコの目のように変わる・・・。)

でもなあ、来週に(4週?)続く、だから、なっちゃんどうなるか心配だぁ。
ゼットン星人、えらい手の込んだ仕掛けをしてるからなぁ。
カイトがなっちゃんのこと気にしてるなぁ。
やっぱしどろどろするのかなぁ・・・?

笑った箇所。
「ゼットンの娘」
なにを言い出すのかと思ったが、意外と深刻な理由があった。
ところが。忍者の格好してDASHに潜入する。
その服どこで買ったの?お父さんのセンスで服選んだら失敗するよ?
人情話でしんみりしておいて、こう来るとは、なかなかやるなぁ。

「監視衛星網」
ゼットン星人の襲来に間に合ってよかったね。
つーか、役に立たなかったね。

「怪獣ゼットン」
強ぇー。すげぇー。破壊的。一方的。ゼットンは不滅だぜぇー。

「ゼノン」
この方は、風貌がウルトラマンなのだが、
ツノが2本あるウルトラマンってやっぱり変だ。
マックスには黒目があるので、ゼノンの出現に驚いてるように見えるのだ。
二人で言葉を発しないでコミュニケーションしてるみたいで
秘密めいててなんだかイヤラシイぞー。

「ギャラクシー」
ゼノンが自分で使うつもりだったのを
マックスが横取りしたように見えるけど、いいのかゼノン。
マックススパークが左手で、ギャラクシーが右手で、そのうち
ヨロイ着たみたいになるんじゃないかと心配したが、
使うときだけ「召喚」するらしい。ふーん。

「宇宙の勇者」
今日はマックスよりゼノンを褒めちぎりそうな口調のミズキさん。
この人は毎回カイトを挑発してるように見えるが、考えすぎか?
やっぱりそのうち、カイトと仲良くなっちゃうんだろうか?
悲しいよぉ。ウルトラマン相手じゃ、俺に勝ち目はない。ミズキさーん。

「ゼットンシャッター」
ゼットンのバリヤーにさえぎられて攻撃できないマックス。
マックス、力技で突破しようとしてもだめだ、
ゼットンは攻撃されたときだけバリヤーをはるんだから、
フェイントかけて、バリヤーが消えたところに攻撃したらいいんだよ!
ソードを迂回させるとか、ビームを小出しにするとか
そうだ、コバに協力してもらったら?
今回、一番笑えるのは私自身だ。やったぜマックス!やっつけたぜ!

蛇足。
ミヤベ・プロジェクト・ブルーなんてトンデモな地球防衛網はもう流行らないらしい。
カイトはダンよりごまかし方が上手。かな?
来週は、キングジョー出現だが、どーしたってソガ隊員は出現しないよな?

Refined Colors Performance

リファインド・カラーズ パフォーマンス公演 
発光ダイオードで、約1670万色のカラーバリエーションを作りだす新しい照明器具
「LED(発光ダイオード)ライト」を駆使したダンス・パフォーマンス。
音響や照明の操作も全てノートブックPCで行う。
京都芸術劇場 2005年9月24日。
昔、ダムタイプの公演みてすげえかっこいいとおもった記憶があるので、
見てきました。今年は思い出す年だ。

すげーかっこええ。めちゃ面白かった。
パフォーマンスの感想なんか書けるわけないので、これでいいや。
理解してなくても面白がれるのが特技。

ウルトラマンジャック

ウルトラマンジャックって誰?
と思ったら、帰ってきたウルトラマンのことだった。
しらんかった。
帰ってきたウルトラマンでええやん。
略して「帰りマン」。おしゃれな名前。(笑)

それでは、勢ぞろいしたとき困る?
勢ぞろいしなけりゃええやん。
だいたい正義のヒーローに、友人や恋人ならともかく、
父だの母だのいらん。
父母が出てくるなら、キャシャーンぐらいの話はしてほしい。
と思うね。

帰ってきたウルトラマンは好きだったんだけどな。

【ウルトラマンマックス】#12「超音速の追撃」

・・・面白かったからいいんだが。
こんなことしていていいのか。ウルトラマンマックス。
来週から、どろどろした話に突入する前の息抜きだったらどうしよう?(笑)

ミズキはやっぱり、マックスに思い入れするカイトを面白がっているようで、
新型戦闘機がマックスより早いかも、とか言ってカイトに睨まれている。
アキコ博士(違うってば)といい、女の子は現実的なのだ。
それで、マックスはミズキにかっこいいとこみせたくて、
怪獣を挑発したりしてるのだ。
いやもう、番組が意図してる方向にツッコミたくない。
ついでにいうと、ミズキは面食いかもしれない。
ヘイレンがそう凶悪な顔とは思えないのだが。

超音速怪獣とロックとプロレスの関係がわからないので誰かおしえてください。
やっぱりヘイレンって名前はあの・・・。
超音速戦闘機の音とエレキギターの音の関係もわかりませんが、
そんなん問うだけ無駄という気もしますが。
ついでにエリーのお食事シーンもあって、今回はおちゃらけ満載なんですが、
お着替えシーンは?(しつこい)


・・・だからね、携帯電話が世界中に何台あるのかってこと、
そのエレキギターは世界中に何本あるのよってことなのよ。
なんで、この先メタシサスが、ヘイレンが再び現れないって思うわけよ、
ってことなのよ。
怪獣がなぜ出現するかの理由づけはするが、
怪獣がなぜ生まれたのかの理由付けは追求しないのがお約束なのね、きっと。
じゃあ、怪獣は人災だとか思わせぶりなこと言わなきゃいいじゃん。
(今回は言ってない、言えるわけないけど)
そうかー、そのギターが世界中に何台あろうと、
大音響で街中に音楽をたれながすのは
日本だけってことなのかー。怪獣は公害だあ。
ロックバンドは世界中にいくつあるのかってことでもいいけど、
はっきり言って、ロックなんかただのウケ狙いと思ってるから
こういう話になるんじゃないの、と思うけどな?

「名前の意味」

思い出話です。

科学特捜隊のジェットビートルの「ビートル」がカブトムシの意味と
教えてくれたのは父親だった。
(本当は「JET VTOL」の意味なんだが、
そんな情報を父に期待するのは間違っている。
てゆーか、知ってたら変人である。当時は。)
たしか「ウルトラホーク」の意味を教えてくれたのも父だったような気がする。
子供番組を一緒に見るようなイマドキな父じゃなかっはずなのだが、
よほど私が話題にしたのだろう。

へんな冗談も言った。
私が「気象衛星エッサっておもしろい名前だね」と言ったら、
「よく知ってるなー。通信衛星はホイサって名前なの知ってるか?」
「えーっ、ホント!?」
「そんなわけないやろ。意味知らんで名前だけ面白がってたのか。」
そんなん知りませんでした。
>アメリカ環境科学事業庁の気象衛星 ESSA Environmental Survey Satelite
 環境科学事業庁が Environmental Science Services Administration

ジェットビートルが実は「JET VTOL」の意味だと教えてくれたのは友人Rだった。
親切な友人だが、教えてくれるタイミングはたいていまずかった。(恒星間弾道弾とか)
私が、ウルトラホーク3号が好きだといったら、こういった。
「あんな飛行機、とばない」
「えーっ、ホント!?」
世の中知らないことばっかりだが、ポインターだって空飛ぶぜ、R。
多分、私が物知らずなこと平気で言うので指摘してくれてたのだろう。

ホークが
High Altitude and Vwrocity craft Warfare for all Kinds 高々度高速汎用作戦機
の略だと教えてくれたのは、Rじゃなかった。
ウルトラは
Universal Tactics and Reflect for Alien 対異星人防衛戦術
なのだそうだ。
こういうことを考えられる人ってすごい。尊敬。
>なつかしのゼネプロ ガレキ解説書 非公式アーカイブ
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Darts/5127/index.html

ウルトラセブンの視聴数年後にアマギとソガの区別がつかなくなっていた
不心得ものの私は、「ウルトラ警備隊」という名称も忘れていた。
苦労して思い出したとき正直思った。
「なんてそのまんまな名前。」
「ウルトラ」に別の意味があるという考え方は目からうろこだった。

ぜんぜん関係ないが、新幹線に「のぞみ」という名前をつけた人はえらいと思う。
たしかにのぞみは光より速いかもしれない。

【ケロロ軍曹】#75「桃華覚醒 三番目の桃華」であります。

ケロロ軍曹ってすごいですね。
着ると専門知識から格闘技まで世界一になれるパワードスーツとか
(でも着てるとムレて長時間ガマンできない)
ある人の能力をコピーして、他の人にインストールできる装置とか
(安物の部品を使ったので、能力だけでなく性格までコピーされてしまう)
トンデモSFっぽいアイテム満載でギャグ満載で全編大笑いにもかかわらず、
科白があくまで正論。

そもそも、西澤桃華ちゃんが片思いの日向冬樹くんを
世界経済の半分を支配する大富豪西澤家のあととりにふさわしいと
お父さんに認めてもらって公認の仲になろうとして
ケロロ小隊に冬樹君の能力アップを依頼した結果が上記のようなトンデモな方法。
(その代価が500億円)
でも桃華ちゃんは、西澤家のあととりにふさわしい能力を持つ冬樹くんより、
運動がダメでオカルト好きでちょっと頼りないけど心の優しい
いまのままの冬樹君が好きなんだと悩むのです。
あげく、西澤家総裁であるお父さんの能力をインストールされようとする冬樹くんをかばって
自分がお父さんの能力と性格をインストールされてしまい、
「冬樹くんが世界を征服してしまえば、お父さんも文句はないはず」と
世界征服を企むのです。
もう笑うでしょ。

「ダメだよそんなの、なんで僕が世界を支配しなきゃならないの」
という冬樹くんに桃華ちゃんはこういいます。
「キミが望む理想の世界とはどんな世界だ」
「そりゃ、平和な世界になってほしい、戦争も争いも飢えもない、平和な世の中に」
「それならためらう理由はないはずだ。
キミが世界を支配することはその理想を実現するための必要悪なのだよ」
「そんなの本当の平和じゃないよ。世界の人たちが仲良くすればいいことじゃない。
地球人とケロン人だって仲良くなれたんだから」
「ならば今すぐ愚民どもに英知を授けて見せろ。
ほっておけばいつまでたっても平和な世界なんか来やしない」
これってなにかのパロディですか?もう大笑いなんですけど・・・。
________________________________________________

「ならば今すぐ愚民どもに・・・」は「逆襲のシャア」だそうです。
ガンダムネタが飛び交う楽しい職場で働いています。

【ウルトラマンマックス】#11「バラージの予言」

金曜日夜の「ケロロ軍曹」と土曜日朝の「ウルトラマンマックス」を録画して、
土日に見てるんですが、今週は元気でる内容で良かったですぅ。
実は前回、「少年DASH」のあと、暗いことを書こうと思って
一人で暗くなってたのですが、マックスはマックスでいいんじゃないかとやっぱり思います。

今回は、「自然を破壊する文明を襲う」予言の怪獣アントラーの出現。
そのことを警告したにもかかわらず世間に受け入れられず失意のうちに亡くなった考古学者の娘。
彼女が父親を受け入れなかった世間への恨みを捨てて、
怪獣出現によって被害を受ける人々を助けるために、
アントラーを倒す力を持ったバラージの青い石(父親の形見)をDASHに手渡すという話です。
要約下手ですみません。
ハヤタ参謀(ちがうってば)は、ウルトラマン関連の怪獣話だと出演するのでしょうか?
そのうち、モロボシダンも出演するようですね?

やっぱり、自然を破壊する人間に警告する怪獣なんですが、
今回は考古学者の娘・友里さんの物語なので
納得できる話にまとまっていたと思います。
友里さん美人だし。
(ウルトラマンシリーズで美人といえば、アンヌ、レナ、ミズキだと思います。脱線。)
アントラーがカッコイイし。
アントラーがクワガタじゃなくて、アリジゴクだというのは、
ショーンが言ってくれなければ忘れてましたが(笑)。

それにしても、マックスは劣勢になるときに痛そうなやられ方をします。
背中に鉄塔が刺さってますがいいんでしょうか。
「龍の恋人」のときもめちゃめちゃ痛そうなやられ方を・・・。
でも、ダメージが残らない人のようで、あっさり復活します。
カイトなんか変身する前より元気になってますがいいんでしょうか。

【ウルトラセブン】蜻蛉

サロメ星人がウルトラホーク1号をみて「来たな、トンボめ」というせりふがある。
形状が似てるわけでもないのに。
実は、ステーションV3のクラタ隊長もウルトラホーク1号を「トンボ」と呼んでるように思う。
アイロス星人の襲撃から1機だけ生還したクラタ隊長のステーションホークが
極東基地に向かっている時、基地から無線で誰何されて
「応答せよ?通信機なんかとっくの昔にイカレちゃったよ、うるさいトンボめ。」と答える。
ホーク1号が現れるのはその後なので本当はホーク1号をそう呼んでいるのではない。
でも、どうして基地からの通信に「うるさいトンボめ」と答えるのかわからないので、
それでこれは当初、ホーク1号からの通信への返答だったのではないかと思ったのだ。

①基地のレーダーがステーションホークを捕捉
②基地からステーションホークに通信
③応答がないので基地からホーク1号に連絡
④ホーク1号からステーションホークに通信
⑤ホーク1号とステーションホークが遭遇
ではくどくなるので、
③④段階をとばしたため「トンボ」の部分が意味不明になったのではないか。

だとしたら、アルファ号の長い胴に大気圏飛行用の翼をつけた機体というイメージから
ホーク1号を「トンボ」と呼ぶのだろう。
それだと、どうしてサロメ星人がホーク1号を「トンボ」と呼ぶのかの理由は
わからないままなのだが。

唐突だが「イメージシンボル辞典」によれば「トンボ」は、
死者の魂、再生、国では日本、を表すのだそうだ。
(この部分は孫引きなのだが、ま、たまたま聞いたことがあったということで。)
すると、クラタ隊長は極東基地を指して「トンボ」と呼んだのか?
まさかね。

【ウルトラマンマックス】#10「少年DASH」

DASHはイベントの多い組織のようだ。
本日は小学生を招待して社会見学ツアーなのだそうだ。
DASH隊員は子供あしらいもうまくないと勤まらないらしい。
若いのに見上げた人たちである。
DASHはいわば災害対策をやっているので、戦争をやっているのではないから
子供にも情報公開できるのであろう。

またしょうもないことを気にするが、
小学生のマサユキといい、カイトといい、コバといい、
近頃の男の子はあごが細くて眉毛が薄い。

怪獣メタシサスは爬虫類様の口が左右に開くのが気持ち悪い。
目が片側4つあるのも気持ち悪い。(やっぱり名前も気持ち悪い。)
いままで見た中で形状が一番気持ち悪かったのは映画「孔雀王」に出てきた妖怪だったように思う。
三上博史とユン・ピョウが出てたやつ。
首から下は女の体で、額から顔が縦に割れて爬虫類状の牙の並んだ口になっていたように記憶している。なんせ、口が顔の縦方向に割れてた。目でも口でも手でも縦に並んでいると気持ち悪いのだ。
左右非対称も気持ち悪いが、想像力の許容範囲なんてたかがしれたもんだ。
(「エイリアン」も気持ち悪いが、あれはぬるぬるしてるのと行動パターンが気持ちわるいので
形状自体はそうでもないと思う。)
せっかくの凝った形状が、口を開くと昆虫のあごっぽく見えるのがちょっと残念。
あの形状で手足もあるとさらに気持ち悪くてよかったのに。

重力場を操作できるから姿を消すことができるという説明が理解できない。
ブラックホールかい。
それと市街地になんでくっきりと富士通の看板があるのか説明してほしい。
富士通のケータイがメタシサスを感知するのか?

小学生たちの会話で
「DASHの人、怪獣を取り逃がしちゃったね」
「やっぱりマックスがいないとダメなんじゃないの」
「なんか残念」
「こんど怪獣が現れたらマックスに知らせてあげなきゃ」
という中の「なんか残念」は女の子の科白なのだが、
女の子はマックスよりDASHに肩入れする。
なぜなら、女の子はDASH隊員にはなれてもウルトラマンにはなれないからだ。
それで妙にかわいい怪獣の絵なんか描いてマックスとお友達になろうとするのである。
もしくは怪獣が私好みならマックスなんかどうでもいいのだ。
(この項すっげえ独断)

ミズキにしたって、カイト自身とは別に、
事情を知ればカイトの一部であるマックス(もしくは一部がマックスであるカイト)
には肩入れするかもしれないが、
マックス自体に思い入れたりはしないような気がする。
1話見てないのでカイトとマックスの関係がいまいちわからない。時間貸ししてるみたい。

【ウルトラセブン】ウルトラ警備隊ごっこ

子供のころウルトラ警備隊ごっこってやりました?
近頃の子供たちは、そんな遊びしないんだろうなあ。

ウルトラ警備隊ごっこに女の子が混じるのが珍しいんですが、
混ざると必然的にアンヌ隊員役にしてもらうんですが、これがうれしくない。
(男の子ばっかりのときはアンヌ隊員役はいません。当たり前ですが)
隊長は必ず「アンヌ隊員は、基地に残って連絡係!」って言うんだもん。
ていのいい厄介払いやん。
ここで、「隊長、アタクシも行きます」とかいえない。混ぜてもらってる立場だし。
「アンヌ隊員じゃなくてモロボシダンの役がやりたい」とかさすがにいえない。
ウルトラ警備隊ごっこでは、ダンなんかただのヒラ隊員で、
なんといっても号令掛ける隊長さんが一番エライのですが。
「今度は隊長の役がやりたい」とかますますいえない。

親が不思議がってました。
「俺ら子供のころには、戦争ごっことかって、
敵味方にわかれて陣取り合戦みたいなことしてたけど、
いまの子供はみんなそろって空に向かって撃つまねをして何が面白いんだ」
おとうさん、あなたには見えないがあそこに宇宙人がいるんです・・・。

【ケロロ軍曹】#73「冬樹198X・僕たちの夏休みであります」

久々にイイ話でしたー。
日向秋さんってなんでこんなにカッコイイんだろ。
「人生が二度あれば銃」は名前聞いた時点でもう大ウケ。
「人生が二度あれば銃」で地球が若返るってのも。

【ウルトラセブン】スナックノアの警備隊

制服にヘルメット抱えてスナックノアに入ってきたものの
周囲から浮きまくってるわりに全然無視されているウルトラ警備隊の3人。
私服で来たってたぶん浮きまくるだろう。
かれらは異世界に紛れ込んでしまってとまどっている。
思うにずっと優等生で生きてきて、そのまま地球防衛軍のウルトラ警備隊なんかに
なってしまった彼らにとっては、騒音のような音楽で踊り狂う奴らなど、
侵略宇宙人以上に遠い存在であるのかもしれない。
(凡人はついそう思うが、遊んでて秀才な奴らって結構いるんだよね。)

そして宇宙人は、かれらの理解できない世界を指して、
地球を狂った星だと決めつけるのだ。
でも、かれらはその光景を価値がないなどとは思わないだろう。
宇宙人の侵略にたいして地球を守るというのであれば、
病気の子供も享楽的な若者もひとしなみに、
あるがままの人間たちを守ろうとするのでなければ意味がないから。

外野から見れば、拉致事件が相次ぎ、
中京工業地帯が全滅するような時勢にあって
スナックノアも遊園地も人でいっぱいだなんて、
日本人も意外と余裕あるなぁとなんとなくうれしかったりする。

【ウルトラセブン】恒星間弾道弾

その昔、37話「盗まれたウルトラ・アイ」を見てむちゃくちゃ感動している私に、
友人Rがこういった。
「この話はおかしい。恒星間弾道弾なるものに操縦席がついてるはずがない。
したがってウルトラセブンは地球の爆破を止められない」
非科学少女は言い返せなかった。

口の減らなくなった今なら何なりということはあるが。
「宇宙人のつくった恒星間弾道弾に操縦席がついてるかついてないかなんであんたにわかるの」
「恒星間弾道弾というのは、そういうミサイルをさして言う名称なんだから
宇宙人がつくったって関係ない」
「そんならアマギが翻訳間違えたんや」
よく知らないことに言及して底なし沼に足をつっこみつつあるが。

そういう事じゃなく、操縦席がないならないで、
やりようは他にもあるだろうと言うこと。
たぶん、この話の中では、ウルトラセブンのアクションシーンがあったり
ということすら避けたかったのだろうと今になって思ったので。
事態は静寂の中で進む。それだけっす。


ここから先は、たわごとなので笑いとばしてほしい。、
恒星間弾道弾(この際名称は何でもいいのだが)に操縦席がついてることは、
もしかすると意味があったのかもしれない。
ミサイルは向きを変えてマゼラン星へ戻っていったのではなく、
どこか別の行く先へ進路を変えられたのだ。
もし、マヤが狂った星では屈辱の中では生きていけないと言ったとしたら、
その先は、孤独な宇宙人、マヤとダンの道行きの話になる。

【ウルトラセブン】制服

ウルトラ警備隊の制服って体型出るので、
あの服着て毎日勤務だと思うと
お腹とお尻のあたりが気になって、三度のゴハンが
おいしくなくなるのじゃないかと心配してたんですが。
(気にしないで食ってそうな人もいるけど)
見慣れるというのはコワイもので。
平成セブンの制服のように、腰回りがゆるめになってると
サイズが合ってないような気がするから困ったものです。
いいかげん、人のお尻見て心配するのはやめたい。

ウルトラ警備隊の制服は基本的におしゃれなのでいいんですが、
ZATやTACの制服はなんとも言い難いものが・・・。
杖突いてるモロボシ隊長のなにが気の毒って、足じゃなくて制服。とヘルメット。

昨今では(知ってる限りでは)
GUTSとかDASHの制服は、デザイン派手めのわりに
誰が着てもそれなりにキマルので、
変なこと気にせず安心して見られてありがたいです。

この際制服やめてもいいんじゃないかと思いますが。
どっちみち5・6人しかいないんだし。
制服じゃないのに毎日同じ服着てるのも不自然だし、
着替えれば着替えたで余計に変なことが気になるかも。

そういえば、DASHのアンドロイド・エリーは、
隊員中一人だけミニスカートにピンヒールのブーツなんか履いてますが、
アンドロイドとはいえ着たきりすずめというわけにもいかないだろうし、
誰がどうやって着替えさせてるのでしょうか。
なんか楽しそうな光景を想像してしまったのですが、
エリーは着替えくらい自分でしますよね・・・。
また、しょうもないこと書いてしまいました・・・。

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

お世話になってるリンク。ジャンル混載・順不同

無料ブログはココログ

目次